盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

家づくりで迷わないために

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。寒さは緩んでありがたいですね~。

先日お客さんが

「グラスウールを使う会社はダメ会社です」

と、ある会社さんにそう言われたそうでして。

 

なかなか断定的な発言でびっくりしたんですけどもね。

 

ちなみに「グラスウール」とは繊維質の断熱材です。

いわゆる内(充填)断熱ですね。

 

当社ではダブル断熱の内側の断熱材としてよく使ってます。

ダブル断熱工法で得られるメリットとは

 

一般的には「高性能グラスウール」と

呼ばれるものなんですけどもね。

 

外断熱だけよりも内側にこれがある事で

かなり断熱力に差が出るんですね。

 

・・・話は戻りましてさっきの発言は事実なのか?

といいますと。

 

「あてはまる会社さんもあるかも」というところですね。

 

正直グラスウール断熱材は施工にコツが要ります。

 

柔らかい断熱材なので無理に押し込んだりして

ぺしゃんこになると断熱力が下がるんですね。

 

それが壁内結露の原因にもなるので注意が必要ですよ。

 

なので丁寧な施工がいちばんのポイントなのですが、

職人さんの技術や意識による部分が大きいので

「大工さんの腕次第」といわざるを得ないんですよ。

 

なので適当な会社さんにあたると・・・

というのはなんの分野でもそうですけどもね。

 

そんなグラスウール断熱材ですが、

なぜ当社はW断熱の内側に使用しているのか?

といいますと。

 

単純に「コストが安い」んです。

 

はい(笑)

 

コストは大事です。

 

いかにコストを抑えつつあったかい家にするか?

 

普段私は「あったかい家にするのはお値段高くなりますよ~」

と喋っていますが(笑)

 

それでもお客様の手の届く範囲内でなんとか

あったかい家を提供したいといつも考えています。

 

幸い大工さん方の丁寧な施工力で

それが実現できている、と言えますね。

 

大工さんばかりに負担をかけるワケにはいかないので、

なるべくグラスウールを施工しやすいように

構造設計には気を配っております。

構造体を見る時のポイントは

 

大工さんの腕+構造の設計力で

安いグラスウールでも高い断熱力を発揮する家にできます。

 

と、こんな風にですね、

素材ひとつひとつとっても

長所短所がありますからね。

 

いかに長所を引き出すか?

は企業努力のポイントだと思いますね。

 

「グラスウールを使う会社はダメ会社」

こんな発言を鵜呑みにしてしまうと

家選びは更に迷ってドツボにハマります。

 

なのでしっかり判断できる「基準」を持つために

情報収集は大事ですよ~。

無料相談
資料請求