盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

構造体を見る時のポイントは

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は雨。今日は大分涼しくなりましたね。

 

今度6月1日(土)、2日(日)に構造見学会をやらせていただける事になったんですけども。

6月1日(土)、2日(日)構造見学会のお知らせ

 

完成見学会と違って構造体の見学は地味ではありますが、

普段隠れてしまう「中身」がみれる貴重なチャンスでもあります。

 

構造体から見えるのは施工の丁寧さ、

大工さんの腕はもちろんなんですけどもね。

 

見ていただきたいのは他にもいろいろあります。

 

まずは「家のつくり」ですね。

木造なのか鉄骨なのか?

2×4工法なのか軸組み工法なのか?

 

2×4の良さは耐震性、気密の取りやすさです。

軸組み工法の良さは間取りの柔軟性、リフォームのしやすさですかね。

軸組工法と2×4の話

 

我が社の場合はといいますと

外側を耐力パネル、中側を筋交いでつくってるんですね。

 

これはまあ軸組工法をベースにしてはいますが、

2×4の壁組み工法と従来の軸組工法の

いいとこ取りのような施工ともいえますね~。

 

実際に他の会社さんの構造見学を見る機会があれば

違いを見比べてみるのも面白いと思いますよ。

 

後はやはり屋根裏断熱ですかね。

 

家の上側を断熱する方法は天井に断熱材を敷く方法か

もしくは屋根裏に吹き付ける方法、

大抵はこの2種類に分別されるんですけどもね。

 

あっとホームでは屋根裏断熱を採用しています。

 

まあこれは当社が採用している遮熱シートとの相性がですね、

とても良いのもあるんですけども。

夏の熱気を遮熱パネルでカットする

 

なにしろ天井裏スペースをロフトとして

活用できるのが大きいのかなと。

 

・・・とまあいろいろありますけどもね(笑)

 

構造見学会はあったかい家がどのようにしてできているのか?

 

そしてどのように長持ち住宅を実現しているのかを

見るチャンスでございます。

 

気になる方は是非こちらからご予約くださいね~。

https://www.atto-home.jp/contact

無料相談
資料請求