盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

土地がハードルになって家が建てられない・・・の対処法とは

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は雨。雨ですが寒さは和らいだ感じですね~。

「土地+建物で予算は2000万です」

と言われた場合ですね、けっこう回答に困ります。

 

正直ご予算を見直していただくか

「土地取得からの家づくり」という計画自体を

見直していただいたほうが良いかもしれません。

 

そもそも2000万という金額も根拠ある数字なのかどうか、

もしかしたら2000万というお金自体借りれないかも・・・

という問題もあったりするので資金計画はとても大事なんですけどもね。

手堅くローンを組んだのに赤字になるワケとは

 

このように土地探しからの家づくりをご検討された場合どうしても

「トータル予算」でつまづくお客様が多く感じますね。

 

なのでざっくりでも相場を掴んでおくのがいいのかなと。

 

基本的に土地は1000万ぐらいでしょうか。

 

頑張れば500万ぐらいまで土地代を圧縮できたりしますが

大体1000万ぐらい、と思っていただけると良いのかなと。

 

建物は建てる会社によるのでピンキリですけどもね、

まあざっくり平均として2000万ぐらいとしましょうか。

 

今は体感としては税金も上がってきてますから

正直2000万を超えてしまうケースは多いですね。

 

そう考えていくと

土地+建物の平均的な予算は1000万+2000万、

トータル3000万といったところに落ち着きますかね。

 

ただ諸経費関係もあるので3200万~3500万は見るべきかと。

 

そう考えると土地の+1000万というのが本当に

無視できない額なんですよね。

 

なので土地代がネックとなって

家づくりを断念する方も正直多いんですよ。

 

ただですね、もし今から私が言う条件に当てはまるようでしたら

諦める前に「ちょっと待った!」ですよ。

 

その条件とは「親御さんの家が近隣にある」です。

 

「親御さんの土地に家を建てちゃおう」作戦ですね。

 

・・・ようするに二世帯住宅です。

賢く二世帯住宅を建てるために知っておきたいポイント

 

(ええ~?二世帯~?)

なんて言わないでくださいね(笑)

 

土地代に消える1000万がもし建物に回せれば

劇的に資産価値の高い家がつくれます。

 

二世帯住宅ほどコストパフォーマンスが

良い選択肢はないんですよね~・・・。

あっとホームの二世帯住宅

無料相談
資料請求