盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

高気密住宅は増改築できないの?について

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。昨日の嵐から一転、今日はちょっと涼しいですね。

「高気密の住宅にすると増改築は難しいんですよね?」

というご質問があったのでお答えしますね。

 

このご質問はけっこう鋭くて

かなり勉強されてらっしゃるな~と感じました。

 

正直「普通に」高気密住宅を建てると大抵のケースは

増改築が難しい建物になるかもしれません。

 

これはなぜか?といいますと。

 

岩手県にあるハウスメーカー、まあ工務店も含めてですが、

「高気密住宅をウリにしている会社さん」は

「大抵2×4(ツーバイフォー)工法を主軸としているから」なんですね。

 

2×4工法とは「壁面パネルで組み立てていく工法」でして、

隙間が発生しづらいんです。

 

要するに「高気密住宅を作りやすい」んですね。

 

ただその代り、といいますか

デメリットとしては「構造の自由度がない」んです。

上の壁と下の壁は合わせなきゃいけないの?

 

壁面で組んでいくのでですね、

1階、2階の上下の壁は合わせる必要があります。

 

もし仮に増改築を行うとなると

この壁面パネルを崩す事になるのでですね~。

 

「建物自体のバランスが崩れてしまうので不可」と

なってしまうケースが多いんですね。

 

なのでですね、2×4工法を選択されたのであれば

「まず増改築はできない」と考えていた方が無難です。

 

「私はもう一生この家をいじりません」という方は

全然ありな選択だとは思いますけどね。

 

ただま~・・・人生長いですから(笑)

 

やっぱり増改築できるようにしておいたほうが

いいんじゃないかな~と。

 

個人的には思いますけどもね。

 

我々が高気密にするのが難しい「軸組工法」にこだわるのは

やっぱり「どうとでもいじれる」ようにしておいた方が

お客さんのためかな~と思う部分も大きいです。

 

軸組工法は増改築なんて自由自在ですから(笑)

 

建てた後も選択肢を多く残しておけたほうが

後々楽だと思うんですよね。

 

ただ一番の失敗は「そういう部分を知らずに」

選択してしまう事ですからね。

 

後で「こんなはずじゃなかった!」とならないようにですね、

やっぱり情報収集はしっかりやっていきましょうね。

無料相談
資料請求