盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

梅雨時期の基礎工事は良くない?

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。今日も暑いですね~。

「梅雨時期の基礎工事はけっこう雨で濡れていますが、それは問題ないのですか?」

というご質問があったのでお答えしますね。

 

おそらく

「基礎が水浸しになってしまったら

完成後も湿気が残るのではないか?」

という心配からくるご質問ですね。

 

これ実はですね、結論から言いますと

「梅雨時期の基礎工事はむしろ良い」

という事になるんですよ~。

 

それはなぜかといいますと

「コンクリートが空気中で養生するよりも

水中で養生したほうが頑丈になる」

という特性を発揮できるからなんですね。

 

これは不思議なんですけどもね~。

 

普通はカラカラに乾いていた方が

コンクリートはしっかり固まりそうですけども。

 

水に濡れてたほうが化学反応で強固になるんですね~。

 

なので実はですね、梅雨時期で水分が多い方が

コンクリート強度が出しやすい状況が作りやすいので、

むしろコンクリートには良かったりします。

 

(でも湿気の問題はどうなの~?

完成してからジメジメは嫌なんだけど・・・)

こういうご意見もごもっともです。

 

基本的には土間コンクリートが濡れていたとしても

本体完成後には換気を回すのでカラカラに乾いてしまいます。

 

なので一見問題はないです。

 

一見というのは・・・

 

実は心配なのはその「完成後」なんですよね。

 

パッと見は乾いてるんですけども。

 

基礎断熱で建てた建物はよく

「梅雨時期に床下がプールになってる」

なんていうトラブルが盛岡でも多数ありまして汗

 

その原因は「床下の密封」と

「地面からくる湿気を止める施工をしてなかった」という

この2パターンがとても多いんですね。

 

「床下の密封問題」は床下に

換気ダクトを入れておけば解決します。

 

問題は「地面からの湿気」ですね~。

 

これは湿気が多い時期、とくに夏場ですかね。

地面から水分が上がってくるんです。

 

いわゆる「毛細管現象」と呼ばれる現象ですけどもね。

 

これが厄介でして汗

 

ず~っと湿気が上がってくるんでですね、

換気をしても追いつかないんですよ。

 

なので土間コンクリートの施工前にしっかりと

「ビニールシート」を地面に敷いておくことが大切なんですね。

 

この「ビニールシート」の効果がすごくてですね、

地面からの毛細管現象を完全にシャットアウトします。

 

正直ビニールシートは数千円の安いものなんですけども、

これがあるのとないとでは天国と地獄でして汗

 

地面からの湿気止めはこのパラッと適当に敷いてるような(笑)

このビニールシート敷きがとっても大事なんですね。

 

ですので結論としては

・梅雨時期の基礎工事はコンクリート的には良い

・湿気対策としてビニールシート敷きがとても重要

という事になります。

 

ではでは~。

無料相談
資料請求