盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

暖房の性能を十二分に引き出す家づくり

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日はくもり。外は若干肌寒い感じですが事務所は暑すぎて窓を開けております(笑)

 

元祖「廊下のない家」の社長宅ですが、

真冬日に室内外の温度差のギャップがどのくらいあるのか?という事で。

 

実際に撮影をしてきましたよ~。

 

この動画を撮ってきたのが1月下旬ごろだったので

まあ~今年は暖冬だったとはいえ外は3℃~4℃とけっこうな寒さでしたよ。

 

室内に入るとどの部屋も22℃~23℃という感じで

外との温度差のギャップは20℃近い状況でした。

 

外との温度差だけをみるとかなりギャップありますが、

一般的なご家庭の室内温度と比べたらどうでしょう?

 

比較的低い設定なんでしょうかね?

 

大抵は25℃~27℃設定にするケースが

多いんじゃないでしょうか。

 

なので室温はちょっと抑え目には感じますが、

室内の温度差にムラがないので体感としては

「寒くな~い」という感じなんですよね。

 

と、いうワケで社長宅は冬場は24時間ずっとこんな状態で

温度をキープしています。

 

そうするとどうなるか?

泊まってみると一目瞭然なんですけどもね。

 

外の気温を忘れます(笑)

 

朝起きて家を出る時に

「え!?今日こんなに寒かったの?」

と驚くワケですね~。

 

こういう家に住むと基礎体温がアップして

免疫力も高まるようでして・・・とこういう話をすると

医学的に根拠がないのでですね汗

 

一概に全ての人がそうなるとは言えないんですけどもね。

 

実際にあったかい家を建ててから「体調が良くなった~」とか

「基礎体温が上がった~」とおっしゃる方が出てきております。

 

実際お客様のお宅にお伺いして感じるのは

暖房器はほぼ動いていない状況なのに家があったかい・・・

というか寒く感じないと言ったらいいのでしょうか。

 

いずれも暖房器具をガンガン焚いているという

印象は無いんですよね。

 

それと同時になんとなく床がほわんと温まっているんです。

 

床暖房を採用されたお客さんの家の床が

あったかく感じるのは当然なんですけどもね。

 

中にはFFストーブを普通に採用されたお客様の場合でも

床がほんわかと温まってるケースもあって、

それは驚きでしたね。

 

これはやっぱり基礎断熱の効果なのかな~?と感じておりますが。

基礎からの冷えがいちばん大敵なので

 

やっぱり床からあったかいというだけで

体感で満足度が上がるのでしょうか?

 

室温を抑え気味でもブルッと冷えを感じる事がなく

快適度はバツグンになるんですよね。

 

なので今のところ暖房器に負担をかけずに

家じゅうあったかにする構造体のベストは

基礎断熱+壁ダブル断熱+屋根断熱。

 

そして気密性能の吟味かなと。

 

そんな事をかんじる取材でございました。

 

 

 

無料相談
資料請求