盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

暗い部屋をつくらないコツとは

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。このまま春まで一気にあったかくなってほしいものです。

部屋中を明るくしたい!

これは誰しもが思う事でして、

そのためには大きい窓が必要⇒開口だらけ⇒寒い家・・・失敗。。

 

この流れは避けたいのでですね

明るくしたいけど窓の大きさは計画的に~

というお話は以前したんですけどもね。

大きい窓のメリットデメリット

 

では窓をそんなに大きくしないで

光も取り入れられる方法ってあるの?

というお話なんですけども。

 

「極力仕切りをつくらない」というのが

ひとつの方法としてあります。

 

いわゆる「廊下をつくらない」という事なんですけども。

 

室内に暗い部分明るい部分が

できてしまう原因のひとつが

「廊下の存在」なんですね。

 

仕切る事で光の入る部屋入らない部屋が

出てきてしまうんです。

 

そうなるといくら開口を大きくしてもしょうがないので

どう仕切りをつくらなくても良い間取にするか?

 

ここがポイントになるんですね。

 

最近では仕切りが少ないプランニングをする

設計士さんも増えてきましたけどね。

 

実は仕切りなしのプランは意外に難易度は高いんですよ。

 

単純に解放空間にすれば良いというワケでもないんですね。

 

なぜなら視線の問題があるんです。

 

仕切りが減るという事は視線がぶつかる可能性が

非常に高くなるんですね。

 

例えばトイレの出入口、洗面脱衣所の位置、

キッチン周り、バックヤード、収納・・・etc

 

一階の間取りにはあんまり見られたくない部分も多々あります。

 

これらの視線が絡まないように設計するのが

腕の見せどころというか、設計力の差になってくるんですね。

視線を意識した間取づくり

 

それと意外に見落としがちなのは「臭い問題」です。

 

これはですね~。

 

仕切りがなくて換気計画がイマイチな場合

かなり深刻な問題なんですよ。

 

換気扇を回してもずっと臭いが

抜けてかないんです。

 

意外に新築で解放感バツグンのLDKをつくったのに

臭い・・・こういうお悩み相談はけっこうあります。

 

出来上がってしまった後に相談されても

建て直すしかないので困るんですけども汗

 

そうならない為にも換気の部分が大事になってきます

空気をコントロールするということ

 

なのでですね採光の計画をプランニングする場合

結果的に総合的な設計になってくると言えますね~。

無料相談
資料請求