盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

視線を意識した間取づくり

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。だいぶ暖かくなってきましたね~。

 

家のプランニングにおいての醍醐味は「間取プラン」なのですが。

 

どこにどの部屋を配置するかは皆さん興味津々ですが、

意外に見落としがちなのは「視線の問題」です。

 

けっこう窓の位置ですね、隣と視線がかち合わないか?というのは

皆さん関心があるんですけどね。

 

 

たとえばですね、

「トイレのドアを開けたらリビングから丸見えになってしまった」とか

「玄関ドアを開けたらLDKがすっぱり丸見え」とか。

 

ようするに「室内における視線」の問題ですね。

 

基本的に「回廊式で行き止まりのない動線づくりをするといい」

と以前動画でお話したことがありますが。

⇒「プランニングの考え方とは

 

 

回廊式にする時の注意点としてはこの視線の問題なんですね。

 

なのでイメージが掴みづらいようにですね

打合せ中のお客様にはある程度プランニングが固まってきたら

いつも3Dで立体的な間取をお見せするようにしています。

 

出来上がった後に「なんか視線が気になるんだよな~」とならないように

しっかり吟味していきましょう。

 

動画で説明してみました。

無料相談
資料請求