盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

断熱リフォームの際に気を付けたい増減築の話

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。ちょっと寒いですね~。

建築コストの上昇で新築から大規模リフォーム・断熱リフォーム

計画を切り替えるお話が増えてきました。

 

部分的なリフォームなら問題はないのですが

「2階建てを平屋にしたい」「大幅に減築したい」

といった場合にはけっこう注意が必要でして。

 

基本的には「10㎡以上の増築・減築」は

新築と同様に確認申請が必要になってきます。

 

その場合問題になってくるのが

「既存の部分の構造」なんですよね~汗

 

建築基準法で平成12年に構造体の規定が厳しくなりまして。

 

それ以前の建物を増改築して確認申請を取る場合ですね、

「今の基準に合わせなさい」という話になってきます。

 

その場合かなりの余分な補強工事が必要でして汗

 

「リフォームで費用を抑えようとしたのに新築の方が安かった汗」

なんて事にもなりかねないんですね。

 

ですので基本的に大規模リフォーム、

断熱リフォームを検討される場合には

「建物面積を下手にいじらない」事をお勧めしております。

 

建物の面積を変えなければ大幅リフォーム・

スケルトンリフォームをしても確認申請は必要ありません。

 

建物の面積を変えさえしなければ

中の間取りがいかに変わろうが文句は言われませんのでですね(笑)

 

ここはコストパフォーマンスに

かなり影響するので注意が必要ですね。

 

あと、けっこう見落としがちなのは

「昔にちょっと増築してその部分を申請してない」状態の場合ですね。

 

よく住宅ローンを借りて大規模リフォームする場合に引っかかってくるのですが、

「登記面積と今の建物面積が合わない」という事で「確認申請を取ってほしい」と

銀行に言われるパターンもあったりします汗

 

そうならない為に、もしちょっと増築していて申請してない場合、

かつ住宅ローンを借りる場合は事前に変更登記をしておきましょう~。

 

・・・今日はちょっとマニアックな話になってしまいましたが汗

 

「建て替えよりも断熱リフォーム」という需要は

今後長く続きそうですのでですね。

 

あれ!?こんなはずじゃなかった・・・とならないように

事前に失敗リスクは減らしていきましょう~。

無料相談
資料請求