盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

0.1%の差を軽んじてはいけません

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。清々しい天気ですね~。

「最近昌博さんのブログお金の話多いッスね~(笑)」なんて

先日も言われたんですけども。

 

今日も懲りずにお金の話なんですよね~スイマセン汗

 

やっぱりこの「お金」の部分の知識武装は大事なんでですね、

特に「住宅ローン金利」は。

 

先日もお客様と一緒に銀行回りしましたが

各銀行それぞれけっこうな金利差あるんですよ。

 

その差としては大体0.1%で競るケースが多かったんですけども

「たかが0.1%と侮るなかれ」ですよ本当に。

 

例えば3000万円の住宅ローンを金利1%、35年で借りたとすると

月々¥84,685のお支払になるんですね、ざっくりですけども。

 

これがじゃあ同じ3000万円で金利1.1%、

35年支払にしたとするとですね、

月々¥86,091の支払いになってしまうんですよ。

 

その差額はといいますと

¥86,091-¥84,685=¥1,406です。

 

(・・・差額1400円?なんとかなりそうじゃん)

なんて思わないでくださいね(笑)

 

この差額を1回か2回払うならいいですけどもね、

毎月、しかも35年間払っていく訳ですから

慎重になってほしいんですね。

 

実際のところ総差額は、まあ金利変動がなかったとして

¥1406×12ヶ月×35年=¥590,520です。

 

ハイ。約60万円ですね。

 

中古車1台買えちゃいそうです。

 

いやはや・・・大きいですよね。

 

正直私だったら浮いた60万円で

中古車は買わずに資産運用すると思います。

資産を持つ時の注意点とは

 

こういう差が銀行比較していくと本当に出てくるんですよ。

 

なのでご自身の資産を守るという意味でも

面倒くさがらずに比較してほしいんですね。

 

そういう意味では家を持つという事は

「大きな資産運用の第一歩」だと個人的には感じます。

 

コロナ禍の日本はまだまだ景気回復の見込みは見えません。

 

とある先生が

「日本はワクチン開発に消極的だったからな~。

国の方でワクチン開発に投資すべきだったんだ」

なんておっしゃってましたけどもね。

 

経済回復の兆しが見えてきたアメリカと比べると

政策の差がもろに出ちゃった感じがしますが・・・

 

まあとにかくこんな状況ですから

金融緩和は当分続く事でしょう。

 

銀行としても住宅ローンは最後の砦ですからね。

 

「住宅ローン金利の引き下げ競争」は

まだまだ続くと思われます。

 

なのでですね、上手に情報収集をして

賢く家づくりをしていきしょうね。

 

無料相談
資料請求