盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

土地探しの際に気をつけたい土地の種類の話

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は晴れ。暑くなりそうな感じですね~。

 

土地探しはまずはネットで、という時代になりましたね。

 

基本的には安い順からネットで探すケースが多いのかなと思います。

 

その時ですね、安いと思って飛びついたら家が建てれない土地だった・・・

なんて事もあるので注意が必要ですね。

 

けっこう多いのが「市街化調整区域」が売りに出ているケースですね~。

 

立地の良い場所にすごい安い土地が!と思って調べてみたら

「市街化調整区域」だったと。

 

「市街化調整区域」とはいわば「市街化を抑制する区域」ということです。

 

要するに「むやみに建物を建てないでくださいね~」という意味合いの土地なんですね。

 

そういう土地に家を建てるとなると実際条件が厳しかったり

家自体建てるのが無理・・・というケースもあるので注意が必要ですね。

 

似たようなケースで今回動画でも説明してますが

「低層地域」という土地です。

 

「第一種低層地域」というのが売地でけっこう出てたりしますが、

こちらは「家を建てる時に敷地から1m離して建ててください」という

条件があったりするんですよ。

 

これが広い土地だったら問題ないんですけどもね。

 

問題は「狭い土地」だった場合です。

その時はですね~極端に細い建物になってしまったり

使いづらい建物になってしまうケースも多々起こるので

気をつけたいポイントですね。

 

逆に「商業地域」というのはですね、

かなり建てる建物の制限が少なかったりします。

 

敷地ギリギリまで建物を建てていいですよということで

やっぱり条件が緩い分土地の価値が高かったりしますね~。

 

土地の安い高いというのは立地条件のみならず

「土地の種類」というのもかなり関係してます。

 

なのでなんとなく相場より安いな~?と感じたらそういう部分をですね、

しっかりとチェックするのが大事かと思いますね。

 

動画で説明してみました。

無料相談
資料請求