盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

家の予算を増やして長持ち住宅をつくるには

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。今朝はだいぶ暖かかったですね~。

 

 

「家づくりのコストパフォーマンスが非常にいいのは二世帯住宅」

というお話を前もチラッとしたんですけどもね。

土地がハードルになって家が建てられない・・・の対処法とは

 

具体的にご説明すると・・・

 

例えば二世帯にするということで

家の面積を5~6坪増やすと考えた時に、

予算アップは350万~400万ぐらいでしょうか。

 

そこに仮にキッチン・お風呂等の住宅設備を

1台づつ増やしたとしても150万~200万ぐらいの予算アップですかね。

 

住宅設備のグレードにこだわらなければ

100万ちょっとのアップでも充分いけちゃったりします。

 

となると一世帯⇒二世帯にするコストアップ費用は

+500万~600万ぐらい見ておけば充分いけたりします。

 

まあかなりざっくりとした話ですけどもね。

 

土地+建物(一世帯)で考えた時に

500万~600万で土地を探すのは一苦労です。

 

盛岡近郊である程度交通の便も考えると

どうしても1000万近くは見ないといけないんですね。

 

土地にお金をかけるか家にお金をかけるか?

 

どっちがお得かは明らかですよね。

 

なので親御さんの家が近隣にあるのでしたら

無理矢理でも二世帯にした方がいいですよ~と

お話してるんですね(笑)

 

「大は小を兼ねる」ということわざがありますが

二世帯住宅はまさにぴったり当てはまる言葉ですね。

 

メリットの大きさは後々実感いただけると思います。

 

不思議なものでこれが

土地+建物(一世帯)となると

アドバイスは完全に真逆になります(笑)

 

「なるべく小さくして無駄なスペースは極力つくらない」

これが一世帯住宅をつくるコツなんですね。

 

なぜなら土地に費用+満足のいく性能の家となると

簡単に予算オーバーしちゃうんですよ。

家づくり「予算オーバー」を防ぐために

 

なので性能を維持しつつ総コストを抑える、となると

どうしても家の広さにメスが入っちゃうんですよね。

 

もし土地+家のご予算、

いわゆる住宅ローンの借入れ総額が

3000万が厳しい・・・という方は

二世帯住宅は特にご一考いただきたいところです。

無料相談
資料請求