盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

世帯人数を考えた家づくり

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は雪。このまま暖かくなるかと思いきや突然の雪でしたね~。

「世帯人数」というのがありまして。

 

いわゆる「一世帯あたりの住んでいる人数」ですね。

 

これが年々減ってるんですよ。

 

最新のデータは2,47人という事でですね、

ついに3人を切ったそうです。

 

おそらく一人暮らしの方が増えてるのが

原因かな~とは思うんですけども。

 

実際のご家庭でもですね

「ご夫婦二人暮らし」のご家庭や

「ご夫婦二人、お子様一人」という形態も

増えてるようです。

 

 

そうなってくると気をつけたいのは

「間取プラン」ですね。

 

「その間取プランお子様重視になってませんか?」

ということでですね。

 

一人っ子のご家庭は特に

子供部屋を広くつくってしまうケースが

往々にしてあります。

 

お子様の部屋を広くて快適スペースにすると

何が問題になるのか?

 

これは以前チラッとお話しましたが

子供部屋4帖半は狭い?

 

「子供はいずれ巣立つ」というのが

まあ一般的です。

 

具体的にはお子様が子供部屋を使う期間は

平均すると8年、長くて10年と言われてます。

 

だいたい10歳ぐらいに子供部屋を使い出し、

18歳で高校を卒業するあたりに家を出る。

 

そういうスタイルが一般的かと思われます。

 

そんな中ですね、家のローンは今は35年が主流でしょうか。

 

言うなればローン期間の3分の1にも満たないのが

「子供部屋の使用期間」なんですよね。

 

そういうスペースを重視して広くした場合

やっぱり何気にもったいないんですよね。

 

「子供が巣立ったら違う用途の部屋にする」

なんて方法もあると思いますけども。

 

お子様の荷物が部屋にありますからね~。

「帰ってきた時私の部屋ないじゃないの!」

なんてお子さんに言われたらですね

下手に部屋を模様替えできないワケです(笑)

 

そうなると

「たまに帰郷するお子様のための部屋」

という本当に使用用途がタマにしかない

「開かずの間」になるケースも多々あるんですよね~(笑)

 

なのでどこに家族がメインでいるのか?

 

お子様をどこに居させたいか?

 

ここら辺をじっくり考えてですね、

「今だけ住宅」になるのを避けてプランニングしていくのが

後々まで暮らしやすい家にポイントかな~と思いますね。

 

 

無料相談
資料請求