盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

日当たりの悪い土地をあえて買うメリットとは?

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日はくもり。まだ2月ですがもう日が長くなってきたような気がしますね。

土地選びの際に大抵の方が重要視するのが

「日当たり」ですね。

 

日が当たる土地・・・となると

南面に他の住宅が建っていないか

そもそも南側接道の土地とかですね。

 

そういう条件の土地は盛岡都市部で探すとなると

やっぱり高くなってしまいます。

 

そうなると土地費用+建物費用で簡単に

予算オーバーしてしまうので一工夫が必要なんですね。

 

ここで考え方は2択に分かれます。

 

①建物費用を落として立地条件の良い土地にお金をかける

 

②土地はあえて悪条件でも安く抑えて建物に費用をかける

 

さあどっちにしましょう?みたいなですね(笑)

 

どちらもメリットデメリットありますから

一概に決めつけは良くないですけどもね。

 

結論から言うとやはり後者なのかなと。

 

なぜならですね、いくら土地の立地条件が良くても

毎日暮らすのはやっぱり「家の中」なんですよね。

 

室内が快適じゃないとずっと不快ですから。

 

逆に立地が悪くても家の住み心地がいいと

全然気持ちのゆとりが違ってきます。

 

以前に盛岡の安倍館にお住まいのお施主様がですね、

そこ(安倍館)に建て替えではなく雫石に土地を買って

新築を建てたケースがありました。

 

土地は坪1万という破格の値段でしたが(!)

交通の便や積雪状況などを考えると明らかに

前の安倍館の方がよかったんですよ。

 

よかったんですが・・・

いやはや、冬場に雫石の新築にお伺いしたら

本当びっくりでしたよ~。

 

外は雪が深々と降る中ですね

家の中が「うわ~!あったか!」とまあ

別世界のように快適だったんですよね。

 

FFストーブの設定温度は10℃・・・うそでしょと(笑)

 

家づくりのほうに予算を重視された結果なのかな~?

と実感させられました。

 

・・・ちょっと話がずれてスイマセン。

 

要するにですね、土地の費用を抑えれば抑えれるほど

「家で遊べる」といいますか、予算をかけれるんですよね。

 

日当たりも然りでして、

極端な話ですね、四方を建物でぐるっと囲まれた土地でも

真ん中には光が入りますからね。

 

真ん中に光が入る「中庭」を作ってしまえば

採光問題は解決できるんですよね。

 

お金はかかりますけども(笑)

 

ただ土地の費用を抑えれたら

そういう選択肢も上がってくるという事です。

 

逆に言えば土地にお金をかけすぎたら

選択肢はかなり限定されてきます。

家の予算とプランニング、どこで折り合いをつけるべき?

 

なのでここはじっくりと予算配分を考えたいポイントですね。

無料相談
資料請求