盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

なぜ住宅会社とケンカになってしまうのか?

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。もう春が近づいてきてますね~。

家づくりを初めて「こんなはずじゃなかった!」

なんて事になるととても悲しいのでですね。

 

事前の情報収集がとても大事なんですけども。

 

よくあるトラブルが

「プランの変更に対して融通がきかない」

というお話ですね。

 

具体的には間取りの変更だったり

お風呂、キッチンなどの家の部材の変更ですね。

 

「ここからしか選べません」みたいな。

 

変更となると「オプションで追加料金になります」的なですね。

 

ここの縛りがかなりきつくて住宅メーカーとギクシャク・・・

これは本当によく聞くお話です。

 

これはひとつに契約した会社の規模によりますね。

 

例えば大手メーカーですとどうしても途中のプラン変更や

イレギュラーな追加要素を嫌います。

 

これは一棟あたりの建築コストですね、

特に工期をシビアに見てるからなんですよ。

 

なぜなら会社の規模を維持するために

年間の着工棟数がかなり重大なんですね。

 

たくさん建てたいので一棟当たりに

なるべく時間をかけたくないのでですね。

 

イレギュラーは避けたいんです。

 

ここらへんが「注文住宅と企画住宅の違い」という

お話にも繋がってくるんですけどね。

家の種類を知っておくということ

 

 

なるべくプランの手間をなくして

決まった間取り、素材で決めていくのが

「企画住宅形式」です。

 

〇〇キューブ、〇〇プランとかですね。

 

よく価格帯もしっかり書いていてリーズナブルに感じるのが

「企画住宅」です。

 

これを選んだうえでいろいろ自分の要望通りに

変更していこうとすると「あれ?」みたいなですね。

 

「なんか融通がきかないな~・・・」となってしまうんですよ。

 

基本的には大手メーカーさんは工期もかからない

「企画住宅」をおススメしてきます。

 

逆に「注文住宅」はというと。

 

基本的にはお施主さんのご要望に合わせて建てていくので

「基本プラン」というのはありません。

 

かなり融通が利くので自由ではありますが

ちょっとお値段が高めかもしれませんね。

 

「注文住宅」と「企画住宅」の家づくりの進め方を知らないと

既にここからトラブルがスタートなんですね。

 

どちらが良い悪いというお話ではなく

長所短所がお互いにある、というところですね。

 

家づくりでトラブル回避をするには

「自分がどういう家を建てたいか?」

この部分を明確にする事が大事なところですね~。

無料相談
資料請求