盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

家の広さとライフスタイルの話

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。ちょっとずつ春が近づいて来ていますね。

 

「どこに行っても小さい間取りを提案されます・・・なんででしょうね?」

というようなご質問があったので回答しますね。

 

これはなぜかといいますと・・・ハイ。

 

「物価上昇」が大きな原因です。

 

以上。

 

 

・・・というのも身もフタもない回答なのが(笑)

 

明らかに住宅単価が上がっているのは事実です。

 

ただそれとは別の理由としまして、

実は「間取のつくり方」が変化したのも

坪数縮小の要因なんですよ。

 

これはどういう事かと言いますと。

 

「LDK一体型」の発想の登場です。

 

一昔前の間取り構成って

L:リビング(居間)・D:ダイニング(食堂)・K:キッチン(台所)というように

確実にこの3部屋分かれていたんですね。

 

それぞれに広く部屋割りされていたので(特にダイニングとリビング)

確実に場所を取っていたんです。

 

でもですね~。

 

これはしょうがない事でして。

 

昔は一家族あたりの人数がとても多かったんですよ。

 

4人兄弟・5人兄弟は当たり前。

おじいちゃんおばあちゃんを合わせると

9人~10人世帯はざらだった様です。

 

そう考えるとこの間取が

とても理にかなっていたんですよね。

 

今はどうかと言いますと。

 

明らかに家族人数は減っているのかなと。

 

今は家は「少人数で暮らす空間」に変わってきています。

 

要するに今と昔では家族構成から何から・・・

いわゆる「ライフスタイル」がガラっとかわってきているんですよね。

 

これは正直ですね~少子化の煽りをがっつりと影響受けてますので

経済成長の点ではあんまり好ましくない状況ではありますけどね。

 

(・・・そんなのこじつけでしょ~?私は大きい家が欲しいんですよ!)

そのお気持ちもよく分かります汗

 

よく分かるんですが今の家づくりは総合的に

・お金がかかる

・小さくても窮屈さは感じにくい

ここをご理解いただいたうえで進めることをおススメしますよ。

 

「理想の間取りを叶えて破産した」

なんていうのは一番の悲劇です。

 

ただ、今と昔の家づくりを比べた時に確実に

「今が有利」と言える事は

「勉強次第で快適性の高い家がつくれる」

というところですね。

失敗しない家づくりの流れ-最近の傾向とは

 

家づくりの勉強はすればするほど報われます。

 

それが実現できる技術がある時代になってきてるとも言えますね~。

無料相談
資料請求