盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

気密性能は?と聞いたら「頑張ります!」と言われました

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。朝は相変わらず冷えますね~。

「断熱性能」にはみなさん注目するのですが

案外ですね「気密性能」についてはあまり関心がないのが現状です。

 

これは意外に我々住宅を作る側の人であっても

気密性能に関心のない方はけっこういます。

 

と、いうよりは気密性能の事を知っていても

「めんどうくさいのでそこには触れない」

というのが正しいかもしれません。

 

以前に打合せしていたお客様から

こんな話を聞いた事があります。

 

「他のメーカーさんに気密性能の事を聞くと

「精一杯頑張ります!」とか

「高気密高断熱だから大丈夫です」との事で、

具体的な数値の話をする会社さんは少なかったですよ~」

 

とまあそんな感じでして。

 

「気密の話題にはなるべく触れない」

というスタンスの会社さんが多いんだな~と。

 

なぜ触れたくないのか?というと

「気密測定」がかなりシビアだからなんですね。

 

気密測定とは家の隙間を全部チェックするテストなのですが、

これで出てきた数値が隙間相当面積C値といいまして。

 

これが家の「気密性能の数値」となります。

このC値ですが小さければ小さいほど優秀、という事で

0,5以下が世界基準レベルの高数値と言われています。

気密は命。

 

そしてこの気密測定のやっかいなところはですね。

 

あまりにも気密数値が悪いと「エラー」と表示されて

「測定不能」と出てしまうんですね~。

 

お客様の前でそんな事になったら・・・

ゾッとしますよね(笑)

 

実際この測定で「エラー」が出たら正直そこからリカバリーして

隙間を埋めなおすのはとても困難な事です。

 

なのであまり触れないで穏便に済ませたい、

と思うメーカーさんが多いのも頷けますよね。

 

ただですね、やはり省エネで結露知らず、

かつ空気環境の良い家を建てるにはどうしても

気密性能は切っても切り離せません。

気密は命。

 

当社の場合ですね新築においては基本全棟気密測定を

行っておりますがこの測定の瞬間はいつも緊張しますよ~。

 

大工さんはもっとだと思いますが(笑)

 

本当にいつもいつも高数値を実現してくれる

大工さん方には感謝感謝です。

無料相談
資料請求