盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

月末に大幅値引きする会社が増えるワケとは

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。やっと雨が上がって気持ちのいい天気ですね~。

先日もお客様から聞いたんですけどもね。

 

「今月末までに契約してくれたら見積りから100万値引きします!」とかですね。

 

どことは言いませんがそんなセールストークをする会社さんは結構あるみたいです。

 

まあ月末までに数字が欲しいんでしょうね。

そんな営業さんの思惑が感じられるトークなのですが(笑)

 

最近は

「値引きはできませんがエアコンと家具とキッチン収納と・・・etc

トータル300万円分の商品をサービスします!」

みたいなですね。

 

金額は変えれないけどサービスを盛り込む的な。

 

いやはや300万分はすごいな~と思いますが。。。

 

なのでですね月末に契約するように交渉すると得しますよ~

というお話ではありません(笑)

 

「やった!値引きラッキー♪」と鵜呑みにせずですね。

 

「なぜそんな簡単に値引きできてしまうのか?」

ここのカラクリを知っておくと家選びの失敗も

少なくなりますよというお話です。

 

 

ではそもそもなぜそんな簡単に「値引き~」やら

「サービス盛り込み~」やらできるのかと言いますと。

 

単純に最初に提示されたお見積り金額に

「乗っけてる」といいますか(笑)

 

最初から余剰金としてイレギュラーの経費を

計上してるんですよね。

 

家だけは車や家電を買うのと違って

出来上がる前に買う仕組みです。

 

見積りどおりに家が完成するかは

出来上がってからじゃないとわかりません。

 

もし家を建ててる最中に想定外の費用がかかったら、

そのお客様からもらったお金から捻出します。

 

逆に言えば建てる側としてはいろいろ頑張って

経費を抑えれば抑えるほどお客様から貰ったお金が

利益として残るワケです。

 

なので「値引きします!」とか「サービスであれこれ付けます!」

みたいな話があった時はですね。

 

ラッキー♪と喜ぶ前に「建物に手を抜かれるんじゃないか・・・?」

という心配をする必要があるワケです。

 

「契約してからなんか話と違う・・・」

実際ですね、こんなトラブルはよく聞くお話です。

なぜ住宅会社とケンカになってしまうのか?

 

「良い話には何かある」これは何でも言える話なので

しっかりと見極める「目」は養っていきたいですね。

無料相談
資料請求