盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

家の中に空気の淀みを作らないということ

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。今日も暑くなりそうですね~。

ハウスダストの問題は昔に比べたらあまり騒がれなくなりましたけどもね。

 

依然アトピーや喘息に悩んでいる方は減っているワケではないんですよね。

 

その対策として自然素材の建材を思いつかれる方もいらっしゃると思いますが

実はですね、自然素材だけではそこまでの対策にはならないんですね。

 

といいますのもどうしても暮らしの中で出てくる二酸化炭素はもちろん

買ってきた家具ですね。

 

家具は住宅建材と違って有害物質の規制が緩いんですよ。

 

なのでどうしてもホルムアルデヒドといった有害物質が出てきてしまいます。

 

そうなるとせっかく自然素材だけで家を建てたとしても

家具などの空気汚染は防げないんですよね~・・・。

 

じゃあどう対策すればいいの?というところなんですが

やはり換気システムですね。

 

24時間換気システムが重要になってきます。

 

ただですね難しいのは24時間換気をただ取り付ければ解決するか?

というとそうではないからまたまた悩ましいところでして。

 

ちゃんと空気が入れ替わるように空気の流れを設計する必要があるんですよ。

空気をコントロールするということ

 

そのために重要なのが家の気密性能という話になってくるんですね。

 

隙間だらけの住宅でしたら空気が思うように動いてくれません。

 

いくら高性能の換気システムを導入しても

空気が入れ替わらなければ意味がないんですね。

 

そこが気密を大事に考える一番のポイントでもあります。

 

ということで、今回その部分を社長に動画で解説してもらいましたよ~。

 

社長は実は「気密測定士」という資格ももっております。

 

いわば気密住宅のエキスパートなんですね。

 

う~ん、やはり私の話より説得力がありますね~(笑)

 

いまや気密測定士の資格も一級建築士並みに

難しくなっているそうです。

 

なかなかトライするには覚悟が要りそうですね(笑)

 

・・・話がずれましたが

家の中の空気淀みを作らないために大事なのは

まずは

1、「隙間のない家をつくること」

2、「空気の流れを設計して換気システムを導入すること」

 

この手順がとても大事という事ですね。

無料相談
資料請求