盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

エネルギー高騰から考える今後の暖房・給湯設備の選び方とは

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。昨日の雪が最後になりますかね~。

「今後はエネルギー価格が上がる一方ですよね。

正直灯油が良いのか電気が良いのか、はたまたガスがいいのか・・・

悩むところです」

とこれから建てる方も先々検討されている方もみなさまこの話題で持ちきりでして。

 

困った状況ですよね汗

 

エネルギー問題も重要ですが

本当に一刻も早く戦争を終わらせてほしいです。

 

ただいま原油価格の高騰で一番影響を受けているのは

ガソリンだったり灯油ですよね。

 

かといって電気やガスは影響ないのかといえば

全然そんな事はなくですね。

 

原油が上がるという事は全てを生産する

「燃料自体が上がってる」という事ですから

例外なく電気もガスも値段は上がっていきます。

 

ですのでどの熱源の暖房・給湯を選んだとしても

光熱費は上がってしまうのかなと。

 

ですので「どれを選んでも一緒」とまでは言いませんが

「どれを選んでも上がってしまうものは上がってしまう」

こういう感覚の上で選定していくのが大事なんですけどもね。

 

私ならですが・・・個人的にはやはり電気かなと。

 

ご予算があれば「太陽熱床暖房」を選びたいところですけどもね。

暖房・給湯を太陽にやってもらおうという作戦

 

正直なところ今後相談が増えるような気がしております。

 

それは置いておいて。

 

ひとまず灯油・電気・ガスどれでいくかというところですが

給湯機は無難に電気のエコキュートですかね。

 

暖房はお好みになってくるので難しいです。

 

灯油・ガスのFFストーブはやっぱり火力があるのでぬくもりがあるのが人気ですし、

エアコンは初期投資が安いですからね。

 

ここももしご予算が許せばですがFFストーブとエアコン両方設置しておいてですね。

 

普段はFFストーブ、灯油価格が気になるときはエアコン暖房みたいな感じで

暖房方法をその都度切り替えるのも手なのかなと。

 

情勢は刻一刻変わっていますから、

そういう柔軟性があってもいいのかな?なんて思いますけどもね。

 

けっきょくのところ省エネの建物を建てる事が

なによりも先決であるのは言うまでもありません。

 

断熱性能・気密性能がいちばん重要なのでですね。

 

長い目で見ればどの暖房・給湯器具を選んでも

暖めた空気を逃がさない家になるように吟味するほうが

悩み解決の近道かなと思いますね。

 

 

無料相談
資料請求