盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

複利で家の購入は楽になる

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は雨。昨晩は冷えましたね~。

日本人が預貯金が大好きなのはバブル崩壊前の

「良かった時」を忘れられないから、と言われてまして。

 

「良かった時」とはいわゆる高度経済成長期ですね。

 

その当時の預貯金の金利は5~6%、

郵貯なんかは7%もあったと言われています。

 

これがどれだけとんでもないことなのか。

 

例えば100万円を銀行に預けていたとします。

 

もしその100万円を1年使わなかったら。

 

金利6%だった場合「106万円になっている」という事ですね。

 

・・・これ自体今の金利(0.001%)を考えると

とんでもない事なんですけどもね汗

 

注目してほしいのはこの後です。

 

例えば10年ほったらかしにした場合どうなっているかといいますと・・・

100万円の元金が179万円になってしまいます。

 

「しまいます」っておかしい表現ですけどもね笑

 

ここでもしかしたら

(え?金利6%なら10年だから6%×10年で金利は60万でしょ?

ということは160万円になるという話じゃないの?)

なんて真面目な読者さんは思うかもしれません。

 

・・・思わないですかね笑

 

まあ普通に考えるとそうですよね。

1年6%だから6%×10で60%。

 

これが普通の考え方なんですが、

お金は年単位で増えていってるんです。

 

今回の場合1年目で106万円・・・という事は

2年目は106万円に6%の金利を乗せていく、というイメージです。

 

そうなると106万円×6%で112万3600円。

 

次の年は112万3600円に×6%・・・ワオ!

 

この考え方は「複利」というのですが、

運用においてこの複利ほど最強のものはないんですね。

 

放っておけば放っておくほど利息に利息が乗っかってフィーバー(^^)/

 

日本人はバブル期にこれを経験しちゃったもんですから

「預貯金しておけば間違いない」という風潮が根付いてしまったワケです。

 

でも今は違います。

 

100万円で1年にいくらもらえるか?

 

・・・10円です汗

 

税金引かれたら8円・・・。

 

どこが「預貯金しておけば間違いない」なのでしょうかね汗

 

家の資金計画・・・というよりは今後の人生設計を考える際に

ここはですね、本当に本当に真面目に考えないといけないんですよ。

 

今騒がれてるのが「老後資金2000万円問題」

というのがありますけどもね。

 

頼りの預貯金がこんな状態なワケです汗

 

我々世代はいったいいくつまで働けばいいんでしょうね汗

 

ですので。

 

預貯金以外のお金の働かせ方を

本当にしっかりと考えていただきたいんです。

 

なにも株式のデイトレーダーになれという話ではありません。

 

手堅く年6%複利でもらえる運用方法を探せば良いんです。

 

そうです。昔の預貯金のようなシステムですね。

 

世の中の資産家は何も全員莫大に稼いでいるワケではありません。

 

実はこの「複利」のシステムを熟知していて

上手に活用しただけなんです。

 

だから誰でも「道は開ける」という事なんですよ。

 

なぜならバブル期にはみんな活用していたワケですからね笑

 

・・・とまあまたお金の話になっちゃいましたが汗

 

ただとても大事な部分なのでですね。

 

詳しく知りたい方はまず資金計画の相談に来てください。

家購入後もお金に困らない人の共通点とは

 

・・なんか怪しいセミナーの勧誘みたいですが汗

 

別に壺とか売りつけませんので安心してくださいね~(笑)

無料相談
資料請求