盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

自然素材・健康素材への過信は禁物なワケとは

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は雨、かなり寒い朝でしたね~。

 

「合板フローリングは体に悪いみたいなので無垢材を使いたいです」

というご意見を以前いただいたんですけどもね。

 

「無垢材と使いたい」というご要望には

「ぜひぜひ♪」という感じでして(笑)

 

うちも自然素材をウリにしてますので。

 

それこそいろんな無垢材がありますから

お好みのものをご提案させて頂いております。

 

ただですね

「合板フローリングは体に悪いから」

という理由でしたらちょっと誤解があるなと。

 

実際のところ全然体に悪くないんですよ。

合板フローリングは。

 

基本的には家に使う材料は今はもう

「健康被害」に繋がる建材は使えなくなってるんですね。

 

一時期「シックハウス」というのがすごい問題になったんですよ。

 

家の建材から「ホルムアルデヒド」等の有害物質が出て

健康被害が続出したんですね。

 

「これはいかん」という事で国の方で

2003年に建築基準法が改正されました。

 

なので家の建材に関しては「シックハウス対策」が

厳しく見られるようになりまして、「身体に悪い建材」は

もう使うのはムリになったんですよね。

 

この流れを知っておかないとですね、

「あれはダメ、これもダメ」みたいな。

 

特に健康に関してはですね

すごい煽り文句をいうメーカーさんも多いので(笑)

 

変な思い込みを持ったまま家づくりをスタートすると縛りが多くて

大変ですので本質は見極めれるようにしておきましょう。

 

気をつけないといけないのは

「自然素材を使ったから我が家は大丈夫♪」という過信です。

 

実は家の建材は規制が厳しくなりましたが、

家具類の規制はまだまだなんです。

 

せっかく自然素材で有害物質がほぼゼロの家を建てても

家具を入れた瞬間に健康環境が崩れ去る・・・となったら

元も子もないですよね。

 

そもそもの話をしてしまえば

人間の二酸化炭素も有害物質なんですよ。

 

なので正直なところですね

室内の有害物質をゼロにするというのは

とても困難な話なんです。

 

ではどうすればいいか?といいますと。

 

けっきょくのところ大事なのは「換気」なんですよね。

空気をコントロールするということ

 

いくら室内に有害物質を放つ物があったとしても

常に新鮮空気にしっかりと入れ替わっていれば問題ないワケです。

 

ただ問題が「空気がしっかりと入れ替わる家かどうか」

ここがすごく難しいところなんですよね。

 

法律では空気の出口と入口や気密性能まではチェックされません。

 

とくに空気の入り口と出口ですね。

 

規定どおりの個数ついていれば法律上クリアです。

 

ちゃんとどこから空気を入れるのがベストか?出すのがベストか?を

考える必要があるんですね。

 

その空気の流れを設計通りに流すためにも

余計な隙間をつくらないことがとても大事なんです。

 

そうなるとやっぱりですね

一番だいじなのは「これ」という事になるんですよね~。

気密は命。

無料相談
資料請求