盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

南面に窓をつくるメリットデメリット

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。今日はあったか日和ですね~。

南面にリビングを持ってくると日当たりが非常に良い、という事で

南側に何も建物が建つ心配がない「南側接道」の土地はとても人気ですね。

 

人気な分ですね土地の価格も「南側接道」の土地は高い傾向があります。

南接道の土地にこだわりすぎていませんか?

 

ただですね、気をつけないといけないのが

「せっかく南接道の土地をゲットして南リビングにしたのに

カーテン閉めっぱなし」・・・という失敗ですね。

 

これは要するにですね、

せっかく南面にリビングを作ってたくさん光を入れようと

大きな窓を付けたら「外から丸見え」になっちゃったと。

 

そこで丸見え状態じゃ困るのでカーテンを付けるワケですが、

これがいつのタイミングで開けていいかわからない・・・。

 

散らかったリビング見られても困るし・・・。

 

なのでせっかく気持ちの良い日差しがあるのに

人の目が気になってずっとカーテン閉めっぱなし。

 

これはけっこうありがちなんですよ(笑)。

 

南側の道路がけっこう交通量が多い道路だった場合とか、

南側に建物を寄せすぎた場合によく起きる失敗なんですね。

 

なので間取りプランを固めていく際に

室内の使い勝手はもちろん一番大事なんですけども。

 

けっこう大事なのは「外側からの視線の対処」ですね、

目隠しをしっかり考える必要があります。

 

南側にリビングを作った際、

どのように外の視線をシャットアウトするか?

 

これはまず一番は「塀」ですね。

 

目隠しのためのものなので本当に

ちょっとの面積で良いと思います。

 

それかもう一つの対処としては

「リビングに吹き抜けをつける」

という方法ですね。

 

これは窓を吹き抜けの上の方に付ける事で

カーテンを閉めていても日の光をしっかり取り入れる事が出来ます。

 

なので一見南接道の土地は日当たりバツグンで最高なんですけどもね。

 

ちょっと間取りに関しては一工夫しないと

失敗しやすい土地とも言えます。

 

そういう部分も考慮して土地選び、間取プランは

失敗しないように気をつけたいところですね~。

無料相談
資料請求