盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

南接道の土地にこだわりすぎていませんか?

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。朝方はちょっと雪降りましたがやっぱり今年は暖冬ですよね~。

南側接道の土地は日当たりバツグンという事でですね。

 

土地探しの基準になんとなくで

「南側に道路がある土地」

を条件に入れる方がけっこう多いんですよ~。

 

ただ南接道の土地の場合ですね、

気をつけないとせっかくの「日当たりのよさ」

という良さを損ねかねないので注意が必要ですよ~。

 

どうしても南が道路だとカーポートや玄関ですね、

そういった「入口動線」も南に持ってきたくなるんですよ。

 

そうするとどうなるか?

 

カーポートや玄関は光をさえぎるものですから

せっかくの良さが半減してしまうんですね。

 

基本的に南側道路の土地は人気ですから

土地単価も比較的高い傾向があります。

 

高い土地を買ってその良さを半減してしまったら

勿体ないですよね。

 

なので「光を取り入れるための間取の工夫」は

とても大事ですよ。

 

そう考えていくとですね、

「そもそも南側接道の土地を無理して買う必要があるのか?」

といった発想も出てきますね。

 

例えば動画でも解説してますが

「北側接道の土地」。

 

大抵南側に建物があったりして

南が影になったりしてるケースもありますが。

 

そもそもの「入り口動線」ですね、

玄関などは北側にすんなり配置できるんです。

 

それは良いとして南の光をどう取るか?

 

これは例えばですね、

「リビングを吹き抜けにして二階から光を取り入れる」

とか。

 

「そもそもリビングは二階に設計する」

などですね。

 

ウルトラCとしては「中庭をつくる」というのもありますが、

これは面白いですよ~♪

 

ちょっと後日にここは解説していきたいと思います。

 

ちょっと話が脱線気味になりましたが(笑)

 

基本的にですね、

北側接道の土地は南接道の土地と比べると

たいてい安価だったりします。

 

その分ですね、設計費用に余裕がでるので

快適は間取がつくれたりするんですね。

 

家の建築は「環境づくり」でもあります。

 

土地の良さを殺してしまうのも設計

引き出すのも設計といえますね。

 

そのためにも土地と建物の予算配分は

間違わないようにしたいところですね~。

無料相談
資料請求