盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

部屋の温度計は低いのにあったかい理由とは

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴天。ちょっとひんやりですが気持ちのいい天気ですね~。

気密性能・断熱性能を吟味すると不思議な現象が起きます。

 

それは「室温は低めなのに体感としてはぽかぽか」という

現象なんですけどもね。

 

お施主様の家に遊びに行くと驚いたことに

暖房設定温度は最低の10℃(!)という方もいまして。

 

それでも室内の温度計は20℃ぐらいで

体感としては全然寒くないから不思議なんですよね。

 

設定温度10℃は極端な例ですけども(笑)

 

けっこう19℃~20℃設定でかなり低めに

暖房してる方も少なくありません。

 

なぜこんな弱暖房設定でも寒くないのか?といいますと。

 

「壁・床・天井の温度が低くない」からなんですね。

 

暖房を弱運転でも24時間全館暖房してる状態なので

壁や床・天井が一定の温度を保ってるんですよ。

 

これが大きな秘訣なんですね。

 

本当にですね~「人体の不思議」を感じる

お話なんですけども。

 

人間の「体感センサー」は遠く離れた温度も

肌でキャッチするんですね。

 

例えば冷たい壁があったとしたら

触らなくても赤外線センサーで

温度を肌でキャッチするそうです。

 

暖房をつけて室内の空気の温度を上げても

どことなくヒンヤリ感じる原因がこれなんですね。

 

これを裏返していえば

「低温設定でも暖房を切らなければ

家じゅうぽかぽかはキープできる」

という事なんですね。

低温暖房でもあったかい家になるの?

 

24時間全館暖房というと

凄く燃費がかかるイメージがあると思うんですけども。

 

実際はチョロチョロ運転で

「設定温度からちょっと冷えたら

弱火でちょっと温めて⇒

設定温度になったらまた消える」

を繰り返してるんですね。

 

「あったかさを浸透させる」なんて会社では言っていますが、

これが成立すると室内温度は低め設定でも問題なくなるので

あたたかさが浸透していく感覚

 

住めば住むほど省エネ住宅になるワケですね~。

FFストーブ一台で全館暖房は可能?

無料相談
資料請求