盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

デッドスペースが出来てしまう一番の理由とは

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。清々しい天気ですね~。

「要望を伝えて行ったら間取が大きくなりすぎて予算オーバー」

これはよくある失敗なんですけどもね。

 

なぜこういう現象が起きるか?といいますと。

 

家の間取りに無駄なスペース、

いわゆる「デッドスペース」が生まれてしまってるのが

大きな原因なんですよ。

 

デッドスペースは簡単に生まれやすくてですね、

階段下や廊下なんかは代表的な

「デッドスペースになりがちポイント」ですけども。

 

案外リビング・ダイニングも広く取りすぎた結果ですね、

デッドスペースとなってるポイントが生まれたりするんですよ。

 

こういう部分ですね~・・・は本当は設計士が気にして

エスキス(プラン図作成)をするべきなんですけども。

 

実際のところはどうか?というと。

 

なるべくトラブルを避けるために

「お客さんのご要望どおりのまま」プランニングを

提出する会社さんが多いからなんですね。

 

「お客様に言われたとおりに図面作りました」

と言えば責任はないですからね~。

 

実際プラン自体イレギュラーは無理で

「この中から選んでください」と言われるケースも多いので

なぜ住宅会社とケンカになってしまうのか

 

ここら辺はやっぱり何社かと直接やりとりしてみないと

見えてこないところかもしれませんね。

 

私どもが「廊下のない家」を推奨する理由も

この「デッドスペース」を極力つくらないように、

という発想からきてます。

廊下のない家

 

いやはや・・・ご自身でデッドスペースが極力ない

間取りを画ければベストですけどもね。

 

それができたらもはやプロの手はいらないでしょ(笑)

ということで。

 

そこは設計士に委ねたいですよね~。

 

正直ここの折り合いがつかなくて妥協すると

ずっと引きずりますからね。

 

相性やセンスの問題もありますけども

やっぱりそこは設計士さんの経験値の差かと思います。

 

納得のいくプランを提案してくれる人は

探せば絶対いますから。

 

ここにもいますよ~(笑)

 

いままで大小何千プランも設計してきた人が(笑)

代表メッセージ

 

「よくそんなプラン思いつくな~」と

毎回ですね(笑)

横で感心しながら勉強しておりますよ汗

無料相談
資料請求