盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

家づくりを機に老後の資金を考える

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日はくもり。ちょっと雪がチラついてましたね。

 

「家を建てたら破産した」

・・・これじゃあ意味がないんですよ。

 

「家を建てたらお金が増えた」

逆にこんな状態になったらラッキー♪ってなりますよね。

 

そんなうまい話があるか!なんて怒られそうですが(笑)

 

正直ですね、情報収集と将来の計画でそういう状態に近づける事はできます。

家購入後もお金に困らない人の共通点とは

 

「老後資金2000万問題」なんて話題になりましたけどもね。

 

今の物価の上昇&ゼロ金利の状態で普通に考えていたら

ハードル高い話で反感しか買わないんですけどもね~(笑)

 

ただ実際のところ老後資金はあるに越したことはないですからね。

 

賢い人はちゃんと備えています。

 

やっぱり将来設計をどうするか?

ここをじっくり考えるか考えないかで差がつく時代になってきたなと。

 

実際家づくりのタイミング・・・といいますか

住宅ローンを検討するタイミングはですね、

実は将来のお金についてしっかり考えるチャンスなんですよ。

 

むしろ家みたいな大きな買い物のタイミングじゃないと

考えるチャンスは無いんじゃないでしょうか。

 

なので将来ですね、後悔しないためにも

じっくりと計画を練っていただきたいんですよね。

家の購入と人生設計

 

コツコツ銀行にお金を貯めていくのはもちろんですけども、

長期運用ですね、たとえば「確定拠出年金」など。

 

「運用」というだけで拒否反応を示す人もいますが(笑)

 

当然資産運用となると増える時も減る時もありますけどもね。

実は長期的な積立形式の運用はですね、

利益額は薄くても減るリスクは低いんですよね。

 

例えば国の年金もこのような長期運用で出た運用益なんですよ。

 

・・・なんか家の話と大分ずれてきましたが(笑)

 

実際ですね、そういうもので自分の年金を作っている人もいます。

 

チャリンチャリンとですね。

打ち出の小槌を持つ感覚で(笑)

 

なのでですね、家づくりのタイミングで

将来のお金の貯め方、増やし方も柔軟に考えていけると

選択肢も増えて良いんじゃないかな~と思いますね。

無料相談
資料請求