盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

考える間もないほど住宅セールスされたときの対処法とは

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は雨。ジメッとするお天気ですね。

 

あっとホームが事務局を務めております「盛岡マイホーム学院」なのですが、

お客さまからの「家づくり体験談」というコーナーがあるんですね。

 

今度7月14日(土)にその体験談コーナーの予定なんですけども。

 

快く今回その役を引き受けてくれたY様が

先日打ち合わせにいらっしゃいまして。

 

「こんな内容を話そうと思う」とおっしゃっていた中に

住宅営業攻撃のあしらい方・・・と言ったら身も蓋もないですが(笑)

 

どう住宅営業マンと接するべきか?

というお話がとても斬新でしたよ。

 

正直、話には聞きますがそこまで壮絶だったとは・・・

と、私共も知らない世界がそこにはありまして。

 

住宅展示場を見に行ったが最後、

考える間もないほど営業マンからセールス攻撃に晒されたとの事。

 

楽しい家づくりのはずが、それで相当精神的に疲れてしまったとの事で。

 

Y様としても吟味しようと思って軽い気持ちで

展示場に行かれたと思うんですが、セールス攻撃には相当苦労されたんですね。

 

営業熱心といえば聞こえは良いですが、

一歩間違えると押し売り状況ですね。

 

気をつけなければいけないなと思いますよ。

 

Y様のお話を聞いていたら、うかつに展示場行けないな~。

怖いな~。なんて思ってしまいましたが。

 

やっぱり「自分がどんな家を建てたいのか?」がはっきりするまでは

流されるまま家づくりをするのは避けたいところですね。

 

Y様はそこを乗り越えて、

ご自身が納得の家づくりができたという事なのですが。

 

さて住宅営業に対してどう接するべきか?

 

これは我々には説明できない建てた方ならではの

貴重なお話だと思いますね。

 

気になる方はスポット参加も可能ですので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

お問い合わせ

 

無料相談
資料請求