盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

冬の朝ぱっと起きれるのがお気に入りです。

住吉町 A様

きっかけは社長宅

―当社を選んだきっかけは何でしたか。

ご主人:社長の家を見た時だよね。「これはいいな」と。その時イメージが固まりましたね。

―Aさんは昔からのお付き合いの大工さんもいらっしゃったと聞きます

  ご主人:最初はその大工さんに頼もうと思ってました。社長宅を見るまでは。

でも床下まであったかいのを目の当たりにして、「おたくに頼む」と決断しましたね。

乾燥は気になる

  ―実際住まわれて半年ほどですが、住み心地はいかがですか?(取材日2012年3月)

ご主人:乾燥が気になるね。冬だからしょうがないけど。ちょっと風邪をひかないか心配ですね。

―なるほど。たしかに冬は外の空気と中の空気の温度差がひらきますからね。お風呂のドアを開けるなり、加湿器を入れるなりで対処は必要になると思います。

ご主人:そうですね。まあ、朝も夜もずっと暖かい贅沢な暮らしをしてますからね。そう思えば多少のことは目をつむれますけどね。

―貴重なご意見ありがとうございます

暖かさがお気に入り

  ご主人:この前友人が遊びに来て、彼も大手の会社で立派な家を建てて満足してましたけど、うちに入ったら「じゃっ!暖けじゃ~。うちもリフォームでこうなるべか。」と言ってたよ。「つくり自体が違うから無理だじゃ」って答えたけどね(笑)うちは夜でもシャツ一枚でいれるもんね。

―なるほど。暖かさが気に入っていただけてるんですね。

ご主人:あと、朝が一番いいね。起きるとき布団から出るのが苦じゃないもんね。もうパッと起きれるのはありがたいよ。

―朝が楽になったんですね。

ご主人:あとは夏がどうなるかだね。

―そうですね。またそのときに是非感想をお聞かせください。

住んでみて思った。理想と現実の違い

  ―住んでみて理想と現実の違いはありますか。

ご主人:そうですね。あえて言えばお風呂かな。給湯と暖房設備が一緒になっているのは気に入ってるんですよ。

―エナーテックのウェルエコシステム(2013年4月販売終了)ですね。

ご主人:はい。ただ、うちは夫婦で2人暮らしだからね。「お風呂のお湯を追い炊きにできたらもっと良かったな」って思いますね。

ウェルエコは追い炊き性能がないから、毎回お湯入れ直すしかないですもんね。ちょっとお湯がもったいなく感じます。

―確かにそこは課題ですね。

ご主人:業者さんにもう少し吟味してほしいところですね。それができればもっと良いと思うよ。

―そうですね。貴重なご意見ありがとうございます。

これから建てる方達へ

―それでは、これから建てられる方達へメッセージをお願いします。

ご主人:そうですね。まずはしっかり現場の監督とよく相談すべきですね。 やっぱり建てはじめてから立体になってきて気づく事もあります。最後まで納得のいくまでしっかり打ち合わせは大事ですね。

―確かにそうですね。立体になってきて「あれ?イメージと違うな」というのは少なからず出てきますからね。

ご主人:あとは腕のいい大工さんですかね。うちでやってくれた田村棟梁は本当に若いのに腕がいいとおもうよ。ピシッとやってくれたし、なによりもいつも現場がきれいでね。気持ちよかったですよ。

―やっぱり良い大工さんにめぐり合うのもまたご縁ですね。

ご主人:そう思います。だから、これから建てる方はいろんな現場で大工さんの仕事を見るべきです。   ご主人:あとは、まぁ冬場の乾燥とかは仕方ないものだと思うんですよ。でも乾燥には耐えられるつくりにするべきですね。見極めが難しいですけどね。

―ありがとうございました。

無料相談
資料請求