盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

人に優しいあたたかさが気に入っています

矢巾町 I様邸

 

気密にはこだわりたかった

―家作りのきっかけは何だったんですか

 

ご主人:暖かい家が建てたかったんですね。アパートで高い家賃払っていくよりマイホームがほしいっていうのもありましたけども。

そして勉強していくうちに「暖かい家にするには気密性が重要だ」と気付いていったんですね。

 

―気密が大切だと考えたんですね。

 

ご主人:そうですね。岩手は冬の期間が長いから暖房費がバカにできないですからね。なるべく熱を逃がさないようにして経費がかからないようにするには気密性を良くするのが一番だと考えました。

 

―そうだったんですね。

 

ご主人:でも以外に気密にこだわっている施工会社さんが少なかったんですね。そこであっとホームさんは家の気密の測定までしていると聞いて、社長宅を見せてもらいました。

 

―なるほど。かなり勉強されたんですね。   

 

ご主人:「これだ!」と思いましたね。冬に見せてもらったんですけど、人に優しいあたたかさとでもいうんでしょうか。やわらかいんですよね。暖房が。

 

―家全体を暖める考え方の設計ですからね。

 

ご主人:気密がなければこうはできないと思い、あっとホームさんにお願いしました。

 

 

どこに居てもあたたかいお気に入りのパネルヒーター

 

ご主人:社長のお宅の暖房と同じにしてほしい!それが私の要望でした。

 

―Iさんはいろんな暖房器具も勉強されたとか

 

ご主人:はい。ヒートポンプ、畜熱暖房器、いろいろ見ましたけどなんかしっくりこなかったんですよね。社長宅のパネルヒーターが一番ここち良く感じましたね。

 

―給湯システムと合体したパネルヒーターですね。

ご主人:腰を痛めてからさらに実感したんですけどね。どこにいても暖かいというのがどれだけ助かるかということですね。ヒヤッとしないんですよね。冬でも半そでみたいな格好ですててことかでウロウロできるのが嬉しいですね。

 

―夏はいかがですか。

ご主人:夏も暑くないですね。ある温度まで冷やせば後はずっと涼しい感じですね。エアコン二台入れてま

すけど二階のはほとんど使わないですね。断熱にもこだわってつくられているなと実感しました。

―光熱費はどうでしょう。
ご主人:気密にこだわったおかげで前の家と比べたらトータルで半分になりましたね。

―それはすごいですね。

 

ご主人:身体にも優しいし本当におかげさまという感じです。

 

花粉も気にならない珪藻土の塗り壁

 

―自然素材のほうはいかがですか。

 

ご主人:そうですね。珪藻土の壁はいいですね。うちは室内犬を飼ってるんですけど、臭いがしないのがうれしいですね。あと、妻の花粉症もやわらいだ感じで去年は症状が出なかったですね。鼻がグスグスしないって喜んでます。

 

―それは良かった。逆に住んでみて、理想と現実の違いってありましたか。

 

住んでみて気づいたこと

 

ご主人:そうですね。設計どおり建ててもらったんですけど、こうすれば良かったなというのはありますね。キッチンなんですけどカウンターキッチンもいいんですが、裏側も棚を付けて収納できるようにすれば便利だったかな、って今になってみると思いますね。あと和室の小あがりが邪魔だったなと感じます。社長の家みたく、和室とキッチンが段差なく繋がっている方が使いやすいなと今になって感じますね。

 

―なるほど。使ってみて気づく事もありますよね。

 

ご主人:はい。動線は気に入っているので、あえて言えばというレベルですけど。

 

―それではこれから建てる方に一言アドバイスをお願いします。

 

これから建てる方へ

 

ご主人:一言じゃ難しいですけど、あえて言うなれば、事前の勉強が大切だと思います。気密にこだわっている施工会社さんは以外に少なく、それにより光熱費に差がでてしまいます。私はオール電家で家を建てましたが大変満足し

ています。しかし今は原発の問題等でどうなっていくかはよくわかりません。家づくりはご自身で納得のいくまで勉強しても遅くはないと思います。

今は私はソーラーシステムに興味をもっていますが、今はベストな家を建ててくれて、あっとホームさんには感謝してます。


―勉強することがいい家づくりの第一歩なのかもしれませんね。それでは貴重なご意見ありがとうございました。

 

無料相談
資料請求