盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

エアコン暖房に不安があるのですが・・・

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は雪。いや〜降りましたね汗

「御社のYoutubeを見ていると結構エアコン暖房の施工事例も多いようですが、

エアコンで暖房は寒くないのでしょうか?

 

設備コストで考えるとエアコンが一番なのは理解できますが、すいません。

 

勝手なイメージですがエアコンで部屋が暖まるイメージが持てません汗」

 

こんなコメントが寄せられましたので回答しますね。

 

基本的にエアコンを点けても全然部屋が暖まらないのは

温めた空気が「上に逃げちゃってる」からです。

 

「上に逃げる」というのはどういう意味かといいますと、

「家の見えない隙間」から温めた空気が抜けていく、というイメージです。

 

温めた空気は軽いので「上に上に」という感じで上がっていきます。

 

隙間があればそこから軽い空気が逃げていくんですね。

 

(我が家にそんな隙間なんてないけどな〜)と思われるかもしれませんが。

 

家は普通に建てると基本的に「隙間だらけ」になります汗

 

目に見える隙間があればそれは「欠陥住宅」という事で文句を言えますけどもね。

 

「目に見えない隙間」だからパッと見分からないんですよね。

 

なのでですね、エアコン暖房を検討されるのであれば

家の隙間を作らない事はとても大事になります。

気密は命

 

あっとホームではいつも

「暖房器具は何を選んでも良いですよ〜。お好みのものを使ってください」と

ご提案しております。

 

それは何を選んでも

「温めた空気が抜けていかない家作り」

をしているからなのですが、

「快適な暖かさ」を求められるのであれば

24時間継続暖房をお勧めしてます。

 

(え!?24時間点けっぱなしにしたら光熱費ヤバいじゃん汗)

と思われるかもしれませんが。

 

24時間ずっとフルで機械が動いている訳ではないので

光熱費的にも負担は少ないんですよね。

 

なにしろずっと暖房を点けておくと「輻射熱」効果で

芯からあったかい空間づくりが可能になります。

 

ちょっとマニアックな話になりますが汗

 

24時間継続暖房をしていると「熱」が床、壁、天井、

はたまたテーブルや椅子など家具にも篭ってくるんですね。

 

そうするとその「物」からの遠赤外線が発生して

「体の芯まで暖まる」という好循環になるんですね。

 

ここまでくると「外が吹雪だろうが室内で薄着でいてもあったかい」みたいな。

 

そんな現象が起きてくるんですね。

 

よく以前に建てたお施主さんのお宅にお伺いすると

「冬布団捨てました〜笑」みたいなお声も頂くのでですね。

 

まだアパートで寒さを凌いでいる

私からすれば羨ましいな〜と思います笑

 

なのでですね、エアコン暖房を選択されるのであれば・・・

まあエアコンに限らず何の暖房器でもそうなんですが。

 

性能と効果をフルに引き出すために

家の気密性能は外せない必須科目かと。

 

ぜひあったかい家を建てて

寒い冬を快適に暮らしていただきたいなと思いますね〜。

無料相談
資料請求