盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

ウォークインクロゼットよりロフト収納のほうがコスパが良い訳とは?

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は雨。今週はついに天気予報に雪マークがつきましたね~汗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「収納がたくさん欲しいです」というご要望は

間取り打合せの際ほぼ全てのお客様がおっしゃいます。

 

我々も例に違わずですね、なるべくご希望通りに

収納スペースを設けるんですけどもね。

 

「収納スペースの増大=コストパフォーマンスダウン」

という事は意識しておいた方が失敗は少ないと思いますよ。

 

これは何故かといいますと。

 

「収納スペース」というのは「物を仕舞う」という用途でしか

使えないスペースだからなんですね。

 

(そんなの当たり前でしょ!)という話ですけども

ここはよくよく考えていただきたいんです。

 

物を仕舞わなければその空間は

「仕切られたデッドスペース」

となりかねません。

 

その仕切られたデッドスペースを確保するために

間取りを広げて予算オーバーするか、

もしくは予算以内に抑えるために

代わりに部屋を狭くするか。

 

ここは試案のしどころですね。

 

なにも「収納をつけるな」というお話を

しているわけではありません汗

 

「余分に設けると無駄になり兼ねない」

という事なんですね。

 

(でも物は増える一方だし・・・しまう場所ないと困るし)

そのお気持ちもよ~く分かります。

 

なのでですね、そういう場合はロフト施工をお勧めしますよ。

 

ロフトはいわゆる「屋根裏スペース」なのですが。

 

ウォークインクロゼットを設けるよりもですね、

広さと施工費の面でコストパフォーマンスは上なんですよ。

 

しかもロフトの良い面は他にもありまして。

 

「捨てるタイミングが分かりやすい」というのがあるんですよね。

 

これは例えば。。。

 

ちょっと捨てるかどうか

迷うものがあったとするじゃないですか。

 

そういうものはとりあえずでロフトに隠しちゃうんですね。

 

それから2年~3年触らなかったらそれはもはや「いらない」物です。

 

思い切って捨てちゃいましょう(笑)

 

これがクローゼット収納の場合「いらない」の判断が難しいんですよね。

 

なぜなら一軍の「つかうもの」と混同して仕舞われてるからです。

 

ついつい毎日目に入るので脳内では

「いるもの」と判断しちゃうんですよね~汗

 

実は2年~3年ずっと触っていないにもかかわらず汗

 

こういう部分をよくよく検討しながら家づくりを進めていくと

じつは間取り自体省スペースでも大丈夫だったりしてくるんですよ。

 

今は特にですけども建築コストはアップしていく一方です。

 

その1坪アップが果たして有意義なものかどうかは

よくよくご検討くださいね。

無料相談
資料請求