盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

地盤の強い・弱いは見分けられる?

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。久々の良い天気ですね~。

「地盤の強い・弱いは見分け方ありますか?」

というご質問があったのでお答えしますね。

 

よく盛岡近郊だと青山町やみたけ・月が丘付近などは

「地盤改良必須エリア」なんて言われたりしますが、

これは岩手山の火山灰で地層が形成されてるからなんですよね。

 

地盤には沖積層・洪積層ってありますけども

上に積み重なっているのが「沖積層」なんですね。

 

その「沖積層」がどんな形状かで地盤の良し悪しは大体決まってきます。

 

山岳地帯は比較的地盤が強い傾向があるので、

雫石や渋民、西根とか、山に近いほど強めのようですが

やっぱりザックリとした話しかできないのでですね~。

 

「およその見当はつける事はできますが

正確な判断は地盤調査してみないとわかりません」

というのが正直なところです。

 

しかしながら最近この手の質問は

とても増えてまいりましたね。

 

これはなぜか?といいますとですね、

2000年に法改正がありまして

「新築計画時には地盤調査が必須」に

なったからなんですね。

 

この調査の結果「地盤が弱い」と判断されたら

「地盤改良工事」をしなければなりません。

 

地盤改良費はけっこう無視できない金額でして、

80万~100万ぐらいが相場です。

 

もし購入した土地が地盤が弱かった場合、

自動的にこの「地盤改良費」が乗っかってくるんですよ汗

 

これはなるべく避けたい・・・という事で

みなさん地盤にはシビアになるのですが、

これはもうですね、「割り切る」しかないのかなと。

 

最初に既に「+100万」で予算計画しておいた方が

気持ち的に楽です。

 

といいますのも。

 

先日もですね、

「周りの地質は地盤が良い」と言われていたので

おそらく「地盤改良しなくても大丈夫」と思われていた土地を地盤調査してみたら・・・

 

まさかの「地盤改良必須」の判定だったんですね(涙)

 

あ~・・・やっぱり「地盤改良費はかかるもの」と思って

資金計画しておいた方が無難ですねと。

 

もし最初から100万円多く計算しておいて

「地盤調査しなくてOK」となったら

その予算はまるまる浮きますからね。

 

その方が嬉しいですよね。

 

なのでここは「地盤大丈夫かどうか?」は

あくまでざっくりとだけ考えておいて、

無理のない予算組みを考える方に時間を使っていきましょう~。

無料相談
資料請求