盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

寒いと言われたら絶対やばいので

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。あけましておめでとうございます。

 

「基礎断熱工法」のメリットは「熱の逃げが少ない」事なんですけどもね。

 

社長いわくこのメリットを「暖房メーカー」さんに理解してもらうのには

なかなか時間がかかったそうでして。

 

どうしても「暖房器の容量や個数が過剰になってしまう」

時期があったらしいです。

 

私があっとホームに入る前の話なので

「へ~」という感じなんですけどもね(笑)

 

ようするに「暖房器具の付け過ぎ」ですね。

 

メーカーさんいわく

「寒いと言われたら絶対やばいので」

との事だったらしいですけどもね。

 

一般的な断熱工法の家、

特に「気密性能を吟味」していない住宅の場合はですね、

どうしても熱ロスが大きいのでたくさん暖房器が要るんですよ。

 

暖房メーカーさんからすれば熱容量の計算、いわゆる

「どのくらい暖房器が必要か?」をプランする際に

気密性能や断熱性能まで見るケースはざらです。

 

単純な「部屋の広さ」で計算するんですね。

 

そうするとですね~。

 

あったかい家のつくりで建てた場合

「暖房器具が多すぎる」という問題が発生するんですよ。

 

なのでその当時ですね、

断熱・気密を吟味して建てたお客さんから

「家が暑すぎる」という訳のわからないクレームが

あったらしいです(笑)

 

その当時は「蓄熱暖房器」が全盛の時代だったそうで。

 

蓄熱暖房器は温度調整が難しくてですね、

一度暖めたら部屋を冷ますのが大変らしく。。

 

窓を開けて換気するぐらいしか

部屋の温度を下げる方法がなかったそうです。

 

なので「真冬なのに窓全開」みたいな(笑)

 

おかしな現象が起きてしまっていたそうですよ~。

 

今ではやっとFFストーブ1台、

もしくはエアコン1台で全館暖房、

という概念が定着してきたところですけどもね。

 

やっぱりパネルヒーター等の

「メーカーさんが熱量を計算して個数をプランするタイプ」の暖房の場合。

 

(あったかい家の場合は)暖房個数が

過剰になってしまうケースはやっぱりあります。

 

やはり冒頭の

「寒いの言われたら絶対やばいので」

と言われれば「確かにそうですよね~」

というところですが。

 

「暑すぎる」と言われるのもなんか

本末転倒なところがありますので(笑)

 

ほどほどの暖房量でコストを抑えつつですね、

「適度にあったかい家」を建てていただくのがベストかなと思いますよ。

 

その場合は私達も今までの経験をもとにしてアドバイス致しますので

「本当に大丈夫?」

「暖房器足りないんじゃないの?」

なんて疑いはいろいろあると思いますが(笑)

 

そういう部分も含めてですね、

どんなご質問でもお答え致しますので。

 

安心してご相談いただければ~と思います。

無料相談
資料請求