盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

なぜ「太陽光」じゃなくて「太陽熱」がおすすめなのか

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日はくもり。一気に肌寒くなってきましたね~。

「太陽光発電はどう思いますか?」というご質問がまた増えてきたので

私なりの考えをお伝えしますね。

 

なんででしょうね?

おそらく「スマートハウス」に関心を持つ方が増えてきたからかな?

なんて個人的には思っておりますが。

 

「スマートハウス」をざっくりご説明すると

「家のエネルギーを見える化して自分で管理しましょう」

ということでITで家の電力を管理するシステムです。

 

いずれ詳しく説明する機会があればしようかなと思います。

 

ただこのスマートハウスの話題になるとそこに付随してどうしても

「省エネのために太陽光発電や蓄電池を活用しましょう」

という流れになるんですよね。

 

正直ですね、なるべくこの話題には

触れないように触れないようにやってきました(笑)

 

どうしても値段の面だったりメンテナンス面が

気がかりなんですよね。

 

よくハウスメーカーさんで「太陽光発電をおまけで付けます!」みたいな

あたかも「太陽光はタダ」的な感覚でセールスしてくるところもあるみたいですが。

 

しっかり家の価格に上乗せされてますからね。

 

そこは注意しましょう。

 

・・・すいません話がそれました(笑)

 

なんで太陽光発電や蓄電池、まあ特に太陽光発電ですかね、

導入に関して乗り気でおススメできない理由としては・・・

 

「捨てる時に大変」なんですよ。

 

太陽光発電は必ず寿命があります。

一般的には25年とされてますけどもね。

 

パワーコンディショナーは更に短くて15年程とされてます。

 

発電した電力を家庭用の電力に変換するには

この「パワーコンディショナー」という部品がないとダメなので

15年以上使うなら交換必須、という事ですね。

 

もしじゃあ「寿命が来て外したい」となったら

産業排気物扱いとなります。

 

産業廃棄物は捨てるのにけっこうお金がかかるんですよ。

 

これが太陽光設置後の問題でいちばん多いトラブルなんですけども。

 

うちの会社で「太陽光発電」ではなく「太陽熱利用の床暖房」を

お勧めするのはこれが大きい理由なんですよね。

 

「太陽で発電するんじゃなくて太陽の熱でお湯をつくる」

非常にシンプルですがこのシステムは壊れないんですよ。

 

いわゆる寿命という寿命がないんです。

 

ポンプユニットがへたって来たらそこだけ交換は必要ですが。

 

本体の寿命がないという事は子の代、孫の代になっても

半永久で使えますからね。

 

そういう事を考えるとよけいに太陽光発電に対しては

消極的になってしまうのです(笑)

 

あ、付けたいと言われれば否定はしませんよ。

 

お施主様が納得の上であればそれが一番だと思っております。

 

無料相談
資料請求