盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

二世帯住宅が高くなる原因とは

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は晴れ。これから暑くなりそうですね~。

「ハウスメーカーに二世帯住宅を見積もってもらったら

4000万~5000万と言われました」

 

こんなお話はよく聞くお話でして。

 

正直こういうやりとりが原因でですね、

二世帯住宅を諦めてしまう方が

実はけっこういらっしゃるんじゃないかな~と。

 

最近思っております。

 

なぜ二世帯住宅を依頼すると

高い見積りを出してくるメーカーさんが多いのか?というとですね

「二世帯住宅を建てるという事はお金あるんだろう」

というメーカーさんの先入観も十二分にあると思うんですけども(笑)

 

実際の原因は

「1世帯×2という間取提案をしてくるメーカーさんがほとんどだから」

というのが大きな原因なのかなと思いますね。

 

いわゆる「完全分離型二世帯」というスタイルですね。

 

お風呂、トイレ、キッチン、洗面全部×2というスタイルです。

 

そうなると必然的に間取ボリュームも増えますからね。

 

あっという間に50坪、60坪となってしまうワケですよ。

 

正直ですね、間取り設計をしていく際に

坪数が大きい方がプランニングは楽です。

 

なので単純にプランニングしていくと

一世帯の間取り×2となってしまいがちなんですね。

 

これだとプランニングは楽ですけどもね。

 

その反面単純に間取りにデッドスペースが生まれてしまったり

予算的に無理な話になってしまったり・・・

という問題が起こりがちなんですよ。

 

うちの会社が「二世帯住宅に強い」と謳っているのは

社長の間取提案力が大きなウェイトを占めてはいるんですけども。

二世帯住宅に強い!

 

本当に水回り関係全部2つずつ必要なのか?

というところからヒアリングしていきます。

 

ここは親世帯・子世帯のご家族みなさんのご意見を聞きながら

「このスペースいらないんじゃない?」とか

「このスペースはどうしても欲しいわよね~」などですね。

 

いろいろご意見を聞きながら

「省スペースでいかに快適住居を建てる事ができるか?」

ここをじっくりと吟味していくんですね。

 

ここをしっかり突き詰めていくと使い勝手を良くしつつも

コストを抑えた設計が可能になるんですね。

 

ここで初めて「二世帯住宅は合理的」と言える

満足度の高い家づくりになるワケですね。

家の予算を増やして長持ち住宅をつくるには

 

なのでですね、「二世帯考えたけど高くてムリ~」とおっしゃる前に

一度ご相談くださいませ。

 

「こんな方法があったのか~!」

と喜んでもらえる自信はありますよ~(笑)

無料相談
資料請求