盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

湿度と温度の関係

こんにちは昌博です。

降りましたね~・・・雪。

 

せっかく溶けてきた矢先だったのでショックが大きいです。

また雪かきの日々が始まるんですね。

 

昨日、会社にて社長とのディスカッションで、

温度と湿度について再確認しました。

 

きっかけは、

「内断熱(充填断熱)が入るスペースは、密閉されてて蒸れないのか?」

という疑問からでした。

 

なりほど~と思ったのは、

「水蒸気はボードだろうが、クロスだろうが関係なく通り抜ける」

という話です。

 

水蒸気は目に見えない細かい粒子です。

ビニールやガラスでなければ、止める事はできません。

 

ボードやクロスだけでは「密封される」という状況は作れないんですね。

 

 

・・・・ここからちょっとややこしい話ですが。

 

「密封されると蒸れる」という感覚は、

【冬に室内で暖められた空気に含まれている水蒸気が、

壁の内側に入った際に、冷やされて水になる(ややこしい話をしてすいません)】

この現象が「蒸れる」と感じるんですね。

 

室内の空気は湿度を沢山含んでいます。

その空気が一定の温度まで冷やされると、

結露になります。

 

一切水気を通さない外断熱材で外側を覆い、

内断熱(充填断熱)でさらに断熱力を上げるのは、

こうした壁の冷えで、結露を発生させずに

壁の中に「蒸れ」が発生しない効果に繋がっているんですね。

 

ダブル断熱の効能を再確認しました。

 

・・・今日はちょっとわかりづらいお話で申し訳ありません(^_^;)

無料相談
資料請求