盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

外構工事はいつのタイミングでするべき?

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日はくもり。どんよりした天気ですね~。

「ローンを組む際に外構の分も考えていた方がいいのでしょうか?」

というご質問を頂きまして。

 

「資金計画をしてみて厳しいようなら

後回しでも良いんじゃないでしょうか」

というような回答をしましたよ。

 

なぜこんな回答をしたか?といいますと。

 

家の予算組みはですね、

どうしてもご自身で考えていた予算を

軽く超えてくるケースがほとんどだからなんです。

 

土地代を1000万円で見込んでいたら

200万オーバーして1200万になった・・とか。

 

建物を2000万で抑えようとしたら

2200万ぐらいになりそうだ・・・とかですね。

 

ここに諸経費なども絡んでくると

あっさり「予算オーバー」となりかねないんですね。

 

なので最初の予算組みはギリギリで考えるのではなく

「多少多めに余る感じで」組み立てていく事が大事なんですね。

家づくり「予算オーバー」を防ぐために

 

 

正直外構込みでもローン借り入れの金額が

問題なければいいのですが。

 

もしイレギュラーが起きて本体価格や土地価格、

諸経費関係で当初の予算が圧迫されるようでしたら

「お金に余裕ができてからやりましょう」とお話してます。

 

駐車場がぬかるむなら砕石を敷くだけで充分防げます。

見てくれは当然アスファルトの方が良いですけどもね。

 

外構屋さんいわく一番困るのは

「予算が数十万でその予算内で見てくれを良くしてくれ」

というお話だそうです(笑)

 

「〇〇万円でやれって言われてもさ~限界があるよ!」

・・・とまあ無茶振りをされて悩む業者さんの愚痴は結構聞きます。

 

誰に無茶振りをされるのか?というと・・・

・・・ゴホンゴホン!我々ではないですよ(笑)

 

 

話が逸れましたが(笑)

 

外構に関してはですね、

中途半端に手掛けてなんとなく不満が残るよりは

すっぱりとやめて資金が貯まってからの二期工事にしたほうが

はるかに満足度は高くなりますよ。

 

いちばん心配なのは外構費用も無理して借り入れして

月々の支払いが重くなりすぎる事です。

 

例えば外構費用として150万上乗せしてローン借り入れしたとしますよね。

そしたら総額支払は35年ローンで1%で考えたとしても

180万ぐらいになるんですよ。

 

30万も金利で取られるのはやっぱり痛いかなと。

 

それなら何年か頑張って150万貯めてやったほうが

気持ち的にも楽かと思いますね。

 

 

「そんな150万も貯めれないよ!」

なんて言われそうですが(笑)

 

そこは安心してください。

お金の貯め方はお金のプロに聞くとあっさり教えてくれますよ~(笑)

家購入後もお金に困らない人の共通点とは

 

 

無料相談
資料請求