注文住宅ひとすじ。自然素材の木の家は盛岡市のあっとホームにお任せください。

おすすめ記事ツアー
5分でわかる家づくりの命基本構造のひみつ廊下のない家あっとホームってどんな会社?家づくり無料相談

あっとホームのブログ

高性能=仕切りを増やす?

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は曇り。雨がポツポツ降ってきましたが蒸し暑いですね~。

 

まあ~~~

今回の話は独り言だと思って聞いてもらえれば~なんて思うんですけどもね。

 

あっとホームでは「廊下のない家。」を推奨しているんですが、

今のZEHの評価対象としてはあまり好ましくないようでして。

 

仕切りの少ない開放的な空間はあまりZEH基準からすると

「よろしくない」という事になるようですね。

 

なるべく間取りを細かく仕切り、

各部屋で暖房する家・・・

これがZEHの理想の家のようです。

 

えーー?って感じですが。

 

なぜわざわざ昔のような家にしなければいけないのかなと。

 

部屋ごとの暖房に戻ったら

また温度差で結露問題だったりヒートショック問題が浮上してくるんですけども。

 

ここら辺は国はどうお考えなのかなと。

 

まあ、時間と共に基準も整備されてくる事を願うばかりですね~。

 

ちょっと愚痴っぽい話になってしまいましたが(笑)

 

私はZEH自体を批判してるんじゃないんです。

国をあげて省エネ住宅を推奨していく流れは

本当に素晴らしいことだと思ってます。

 

ただですね~(笑)

やるならもうちょっとちゃんとしようよと。

 

徒然草の「家は夏を旨とすべし」という呪いの言葉(笑)から

やっと少しづつ解放されてやっとこさ欧米の家づくりに追いついてきた

日本の家づくりですが(といってもまだまだですが・・・)

 

省エネの家づくりの方向性、

変に迷走しない事を祈るばかりですね~。

床暖房をFFストーブでやっちゃう作戦が人気です

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は晴れ。いや~蒸し暑いですね~。

リーズナブルに床暖房する方法はないか?

ということで社長が当社の事務所でやってみた

「FFストーブ床暖」なんですが、お客さんに人気でして。

 

「うちでも是非やりたい!」というお客さんが多く、

今回お引渡しのY様もそのお一人です。

 

使うときは床の部分を外し、

室内と床下に同時に温風がくるようにします。

 

これで床の隅々まで暖かくなるからすごいですよね~。

 

基礎を断熱材でしっかり覆ってあるからできる

仕組みなんですけども。

 

普通に床暖システムを採用すると、

安くても100万近くなってしまうんではないでしょうか?

 

まぁ商品によりけりなので

価格はピンキリだとは思いますが、

大抵そのくらいはするかなと。

 

この「FF床暖」なら、

ただFFストーブを床下に置いただけですからね~(笑)

 

かなりリーズナブルだと思いますよ。

 

家づくりのコツはいかにコストパフォーマンスを上げながら

快適性を実現するか、ですね。

 

まさに注文住宅は自由自在ですね~。

考える間もないほど住宅セールスされたときの対処法とは

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は雨。ジメッとするお天気ですね。

 

自動代替テキストはありません。

あっとホームが事務局を務めております「盛岡マイホーム学院」なのですが、

お客さまからの「家づくり体験談」というコーナーがあるんですね。

 

今度7月14日(土)にその体験談コーナーの予定なんですけども。

 

快く今回その役を引き受けてくれたY様が

先日打ち合わせにいらっしゃいまして。

 

「こんな内容を話そうと思う」とおっしゃっていた中に

住宅営業攻撃のあしらい方・・・と言ったら身も蓋もないですが(笑)

 

どう住宅営業マンと接するべきか?

というお話がとても斬新でしたよ。

 

正直、話には聞きますがそこまで壮絶だったとは・・・

と、私共も知らない世界がそこにはありまして。

 

住宅展示場を見に行ったが最後、

考える間もないほど営業マンからセールス攻撃に晒されたとの事。

 

楽しい家づくりのはずが、それで相当精神的に疲れてしまったとの事で。

 

Y様としても吟味しようと思って軽い気持ちで

展示場に行かれたと思うんですが、セールス攻撃には相当苦労されたんですね。

 

営業熱心といえば聞こえは良いですが、

一歩間違えると押し売り状況ですね。

 

気をつけなければいけないなと思いますよ。

 

Y様のお話を聞いていたら、うかつに展示場行けないな~。

怖いな~。なんて思ってしまいましたが。

 

やっぱり「自分がどんな家を建てたいのか?」がはっきりするまでは

流されるまま家づくりをするのは避けたいところですね。

 

Y様はそこを乗り越えて、

ご自身が納得の家づくりができたという事なのですが。

 

さて住宅営業に対してどう接するべきか?

 

これは我々には説明できない建てた方ならではの

貴重なお話だと思いますね。

 

気になる方はスポット参加も可能ですので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

お問い合わせ

 

何年後を見据えて間取りづくりをするべきか

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は晴れ。ただ外にいるだけで汗が吹き出る暑さですね~。

 

 

「子供が大きくなった時にも対応できるような間取りにできますか?」

というご相談を受けたことがありますが、

こういうお悩みはけっこう多いようですね。

 

特にお子さんの成長はあっと言う間ですからね。

今のお子さんの年齢に合わせて間取りを考えたらもう2、3年後には合わない・・・

なんて事も起こるんですよね。

 

なのでですね、あまりお子さん主体で考えるより

やはり奥さん重視で考えるのがいいのかなと。

 

けっきょく一番家にいるのは誰か?というところから考えると

やはり奥さんなのかなと。

 

まあ共働きというパターンもありますけどね。

 

そうであったとしても奥さんが使いやすいように

考えていくのがベストですね。

 

で、

 

今回の題名が「何年後を見据えて」ということなのですが、

お子さんに限って言えば「ある程度大人になった時を見据えて」

考えておくといいのかなと。

 

あっという間に大人になるからなんですけどもね。

 

そしてですね、奥さんの場合は「今を見据えて」考えていくといいです。

 

どうしてもですね、よく「車椅子生活になった時を考えて・・・」と

先の先まで考えるとどうしてもドツボにはまってしまうんですね。

 

使い勝手を考えすぎた挙句、使い勝手が悪くなってしまった・・・

こんな状態は避けて欲しいですね。

 

なのでまず、「今どう暮らしたいか?」を重視して

間取りづくりをしていくのをオススメします。

 

家を建てる時期の考え方

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は曇り。ちょっと蒸す天気ですね~。

「家を建てて果たしていいものか?ちゃんとお金を返していけるか不安です。」と、

こんな相談をされたのですが。

 

やっぱり住宅ローンを組んで家を建てるとなると、

まあ住宅ローンに限らずですが、家って大きなお金が動きますからね。

 

やはり不安になる気持ちも分かります。

 

我々としてはすぐにでも家のお話をしたいですが(笑)

この不安が拭えていないとですね、

やっぱり心の底から家づくりを楽しめないのかなと。

 

むしろ建てて不幸になってしまうのなら

建てないほうがいいのかなと。

 

そんな事を思う訳です。

 

我々としてはやっぱり「家を建てて幸せになってほしい」と

思ってるんですがこれはですね、

家を建てるのが仕事なんでそう言うんですけども。

 

単刀直入に言うと「幸せになって欲しい」というか

「良くなっていってほしい」と思うんですね。

 

我々は工務店なので「家を通して」というところがありますが、

根幹は「良くなっていってほしい」と思ってます。

 

なので不安に思う材料は全部拭っていきたいと思ってるんですね。

 

拭っていくためにはどうしたらいいのか?

というところなんですが、なるべく将来お金がかかっていくもの、

何にいくらかかるか?というのは明確にしていければいいのかなと。

 

「ライフプラン」と言ったりしますけどね。

やっぱりこの部分をしっかりやっていかないといけないなと思ってます。

 

今家と建てるべきなのか?

それとも待ったほうがいいのか?

 

やっぱりですね。我々としてはすぐ建ててほしいですよ(笑)

でもですね、建てるとまずい状況になるのなら、

そういう部分は正直に言ってあげるのが大事だと思っています。

 

なんかネガティブな話ばっかりになっちゃいましたけど、

逆のケースもあるんですよね。

 

将来の資金計画を明確にしてみたら

「あ、私って家建てれるんだ」と、

こんなケースだってあるんですよね。

 

なので、まずはご相談いただければと思いますね。

「家を建てる時期」これは本当に人それぞれで全然違いますので。

注文住宅に定義はないので

こんにちは昌博です。

 

盛南地区は今日は雨。かなり荒れてますね~。

今月お引渡しさせていただいたT様邸。

奥様は室内、旦那様は外観を試行錯誤されて素敵な家になりましたよ。

 

例えばこのキッチンなんですけども

普通だとキッチンの上部に収納をつけるんですけど、

あえてキッチンの横にもってきたんですね。

 

こうすることでキッチン窓が開放的になり、

窓からの明かりも十分にとれるので、非常に明るいムードになりました。

 

T様のキッチンから覗ける公園の緑が綺麗で。

窓周辺をスッキリさせることで、より映えますね~。

 

こういった些細な部分なんですけども

ちょっとした工夫を凝らせるのも注文住宅の楽しみ方ですね~。

 

正直「こうあらねばならない」という定義もないので、

こういう部分は自由自在に楽しんでいただきたいなと思いますね。

ジャパン建材フェア2018その2

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は雨のち曇り。ジメッとした天気です。

ジャパン建材フェアにおいてもうひとつの盛り上がりを見せていたのは、

HEMS(ヘムス)関連商品でした。

 

家の消費電力を見える化し、家電機器を自動制御できるのが

HEMS(ヘムス)の特徴なのですが。

 

まだ国内での普及率はイマイチ・・・といったところでしょうか?

 

どうしても導入するメリットが見えづらいといいますか、

「機械に頼らなくても自分で節約できますよ」と

考える方も多いからではないのかな~?なんて思ったりもしてみたり。

 

これを導入したところで電気代が劇的に変わるのか?

と問われると正直我々も「・・・うーん・・」

と言わざるをえないのが現状でして。

 

国としては2030年までにこのHEMS(ヘムス)を

全世帯に導入するのを目標にしていますけどね。

 

我々も普及に向けて導入のメリットをお客さんの

お伝えするよう努力していきたいところですが・・・

 

あまり否定的な意見は言いたくないですけども、

もう少し導入するメリットを分かりやすくしてほしいなと思う次第です。

 

そんな中ちょっと面白かったのがHEMSを音声で管理するシステムの開発でした。

マイクに向かって「OK グーグル!」喋ったあとに(恥ずかしい)

 

「おはよう!」と喋ると電気がついたり

「おやすみ~」と喋ると電気が消えたりします。

 

スマホのシリ機能を家電にも使えるようにしたシステムですね。

 

ついにここまで来たか~と。

 

それと同時にスマホで家の家電、玄関、シャッターを全部管理できる機能も

すごいな~と感じましたね。

 

これからどんどん家のIT化が進む訳ですが、

今回はその一歩という感じがしました。

 

ただ「オッケーグーグル!」は恥ずかしいですね(笑)

オッケーグーグルって・・・

 

 

ジャパン建材フェア2018その1

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は曇り。雨も混じってますね。

先日仙台の夢メッセにて行われた大イベント

「ジャパン建材フェア」に参加してきたのですが。

 

各メーカー新商品を用意されていてかなりの賑わいを見せていましたよ。

 

今回特徴的だったのはけっこう「内装」に関しての提案ブースが多かった気がしますね~。

 

住宅の内装といえば「壁紙クロス」が一般的なんですが。

 

一部に「外壁のような素材を使ってオシャレ感を出しましょう」

という感じで写真のようなちょっとゴージャスな壁でアクセントをつける、

というのが今の流行かなと感じましたね。

 

こういう凸凹のある壁もオシャレでしたね。

こういう壁に照明を当てると光の陰影がステキになります。

 

驚いたのはこういうモルタル調の内壁ですね。

ちょっと寒々しい感じもしますが(笑)

 

変わった使い方として和室の仏間に使うという提案がありましたが、

これは!と思うほどグッとオシャレでしたよ。

 

ま~~~

 

採用にはちょっと勇気がいりますけどね(笑)

 

もし予算に少し余裕があれば、

内装の一部にこういうデザイン壁の採用も面白いのかもしれませんね。

 

 

収納スペースに何をしまうか決めるのは大事ではありますが

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は雨。午前中だけですかね?午後から晴れればいいですけども。

 

収納スペースを考えるとき、「そこに何を仕舞うか?」を決めるのが大事です・・・

とは言えなかなかですね、そう簡単にはいかないと思うんですよ(笑)

 

実際アパートから新築を建てて引越しをする場合でも、

(え!?我が家ってこんなに荷物あったっけ?)と焦る方も多いです。

 

案外、収納スペースを検討される際

洋服を入れるスペースには目が行きますが、

なかなか細かい雑貨関係などの荷物収納には目が届かないのも事実でして。

 

「全部捨ててくから大丈夫です」

とおっしゃってもですね、

やはりそう簡単には捨てれないと思うんですよ。

 

思い出の品なんかもありますもんね。

 

そうなるとせっかくの新築が荷物だらけ・・・

なんて状況は避けたいですよね。

 

なので、「屋根裏ロフトスペース」を有効活用していただきたいんですね。

・・・まあ上の写真のようにまでオシャレにすれば楽しいですが(笑)

こういうスペースを細かい物を詰め込む場所として考えておくんですね。

 

そうすれば、下の階にスペースの余裕ができますから、

多少散らかっていても(笑)物の圧迫感は段違いです。

 

このひと工夫で遊びに来たお客さんから

「〇〇さんの家いつも綺麗だよね~♫」なんて言われるんです。

 

屋根裏ロフトに全て押し込んでるとも知らずに・・。(笑)

 

なのでですね、クローゼットの類は当然大事ですが、

余裕があれば困った時に何でも隠せる

「屋根裏ロフト」を計画に入れておくことをオススメしますよ~。

無垢材のフローリングにする際に気をつけたいポイントとは

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は晴れ。風が気持ちいいですね~。

 

「無垢の床に水をこぼしてしまってシミになってしまいました。

シミを消す方法はありますか?」といったご相談を以前うけたのですが、

これはですね、無垢材の弱点と言わざるを得ないかなと。

 

一度完全にシミになってしまったら、もう削るしかないかなと。

一応、紙やすりで削り取ることもできますが、

わざと表面の凹凸を強調した「うづくり仕上げ」であった場合

やはりせっかくの床の表情を壊すことになってしまいますね。

 

と、いうことでですね、

どうしても無垢の床は汚れに弱いんですよね。

表面をワックス等でコーティングしていれば少しはマシかもしれないんですけどもね。

 

当社でも人気のある「桐の床」は特に汚れに弱いです。

ちょっと重量のあるものを置くだけでも型ができてしまったりするんですよ~。

 

それでもなぜ採用されるか?というとやはり

「カッコイイから」ではないでしょうか?(笑)

 

無垢の床はどちらかというと機能性より美観重視です。

 

傷やヘコみ、シミ等は「想定内」と考えておく必要がありますね。

 

使い勝手や掃除のしやすさ、汚れに対する強さで言えば、

やはり合板フローリングに軍配が上がります。

 

最近のものは見た目もオシャレになってきているので、

無垢にするか合板にするか選ぶのが難しい時代になってきたな~と思いますね。

 

なので「どっちがオススメですか!?」

と聞かれると困ってしまう部分でもあります。

 

カッコよさや美観で選ぶなら無垢。

機能性や汚れ対策で選ぶなら合板。

 

シンプルに考えるとこういう図式になりますが、

無垢材を極限まで乾燥させると

「機能性も兼ね備えた無垢材」になるんですよね・・・

http://www.atto-home.jp/blog/5151

 

・・・とちょっと売り臭くなりましたが(笑)

床にこだわりたいのであれば、ご検討の価値はありだと思います。

おすすめ記事ツアー
5分でわかる家づくりの命基本構造のひみつ廊下のない家あっとホームってどんな会社?家づくり無料相談

スタッフの個人ブログ

イーハトーブの夢見る乙女
雪が降る前に完成  (2018/07/13)
にっこにこ奮闘日記
無垢材を裸足で歩きたいわたしです。  (2018/06/01)
あっとホーム

メニュー

無料メルマガ
あったか家づくり通信

ご登録はこちらのフォームで!

お名前
[姓]
[名]

メールアドレス

お住まいの市町村