盛岡市の高気密&W断熱注文住宅・二世帯住宅

☎︎ 019-635-6000
9:00〜18:00 第2・4土曜 日祝日定休

2階の間取りの取り方はどう考えればいいの?

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は晴れ。この前まで寒かったのにもう暑くなってきましたね~。

 

家のプランニングで大事なのは何人で住むか?という部分ですね。

 

1階は共有スペースでLDK、2階を家族それぞれのスペースという事で

ご夫婦の寝室+子供部屋、という感じになってきますかね。

 

そこで悩むのは2階の部屋の広さですね。

 

層二階で考えるのが建築費用のコストカットのコツですが、

2階面積が増えると1階も面積が増えるので

結局コストアップになってしまった・・・という失敗は避けたいですね~。

 

家をプランニングする場合は横に面積を広げていくと

基礎が大きくなっていくんでですね、

基礎の面積が増えるとトータル費用のアップの

原因になるので注意が必要です。

 

なのでよくご提案するのは「縦にスペースを取っていきましょう」

というお話で屋根裏ロフトの活用ですね。

 

屋根裏ロフトは天井高140㎝まで、という規定があるものの

あると無いとでは全然収納力が変わってきますよ~。

 

部屋が大きくなる原因は基本的に物の置場だと思うんですね。

収納スペースに何をしまうか決めるのは大事ではありますが

 

特に育ち盛りのお子さんは教科書やらなんやら、

まあ物がとても多くなってしまう時期なので

部屋が狭いとあっという間に物だらけ、、、

という事にもなりかねませんね。

 

それらのものをロフトにボンボン収納できれば

部屋をそこまで大きくしなくても良いので

トータルコストも抑えやすいのかなと。

 

ちょっと天井高が低いのを我慢すれば

布団を引けば寝室にもできますからね~。

 

個人的な話ですけども屋根裏部屋の寝室ってなんか憧れますよね(笑)

 

けっこう同じ考えの方多いようで

意外と寝室にしてるお客様多いんですよ(笑)

 

なのでロフトがあると色々と便利なのかなと。

 

そう考えると天井断熱だとロフト施工は難しいので

屋根裏断熱のメリットは大きいのかなと思っております。

 

今は遮熱シートという熱を反射する材料も使うので

大分夏場の熱気も抑えれるようになったのも大きいですね。

夏場の熱気を遮熱パネルでカットする

 

と、いうことで

二階のプランで家の大きさは大体決まってきますから

じっくり吟味したいポイントですね。

 

動画で解説してみました。

 

 

 

無料相談
資料請求