注文住宅ひとすじ。自然素材の木の家は盛岡市のあっとホームにお任せください。

また建てるとしてもまったく同じプランで建てたいです

盛岡市H様

 

家づくりのきっかけは子供が生まれるから

―Hさんの家づくりのきっかけって何だったんですか?

 

旦那様:きっかけは子供が生まれるということでしたね。二人でいるときはアパートで問題なかったんですけどね。

奥様:アパート暮らしだとどうしても子供の足音だったり鳴き声が近所迷惑になるんじゃないかと思いましたね。そして何よりもそういうことに気兼ねなく、のびのびと育てたかったというのが大きいです。

 

旦那様:そしたら、うちの親が実家の隣に「建てていいよ~」ってなって。

奥様:おかげで土地の費用がかからなかったので、前のアパート代と比べると今の支払いのほうが安くなり助かりましたね。

 

―なるほどですね。

 

奥様:前のアパートの家賃より支払いが増えるようならちょっと(家づくりを)踏み切れなかったですね。

 

―やっぱり予算組みが大事ということですね。

 

旦那様:そうですね。それでうちの親があっとホームさんで建てたので、そのままうちもあっとホームさんにお願いすることにしました(笑)

 

―そうでしたね(笑)。ありがとうございます。

 

理想と現実のギャップない

 

―それでは実際に住んでみて理想と現実の違いってありますか?

 

旦那様:う~ん・・・特にないかな?ちょっとした部分ですけどトイレの換気扇を別につけてくれたら良かったかな~?っていうくらいですかね。

 

奥様:そうですね~。本当に理想と現実のギャップってないんですよね。

 

―そうなんですか?もっと「ああしたかった」「こうしたかった」っていうのはなかったですか?

 

旦那様:そういうギャップがないようにけっこう細かく要望を伝えたんですよ。それこそ「嫌われても仕方ない」っていうくらいに(笑)

 

奥様:本当にね(笑)「素人がやかましい!」って大向さん(監督)に思われてたんじゃないかと思ったんですけど、文句言わずにひとつひとつ丁寧に対応してくれました。

 

 

 

 

 

 

旦那様:とりあえずバーっと要望を伝えてみて、そのあと大向さんが「これはできる」「これはできない」とはっきり喋ってくれたのが良かったですね。そしたらいろんな提案をしてくれまして。ちょっとした部分で玄関のニッチの部分に傘を掛けれるようにちょっと凹みをつけてくれたり、雨で濡れてもいいように防水パネルをつけてくれたり。

旦那様:リヴビングの梁の照明もですね。大向さんからの提案で。これが普通の照明だとどうしてもつまらなかったと思うんですよ。

 

奥様:この照明でなんか一気にカフェっぽくオシャレになった気がします(笑)

―たしかにオシャレですよね~。いろいろ提案してくれたんですね。

 

 

奥様:はい。「ささいな事でも何か不安に思うことが出てきたら、それを伝えるとすぐ必ず何か提案してくれる」って感じで。

 

理想をきちっとイメージできるかどうか

 

奥様:そう考えると、私が思うに理想と現実の違いってけっこう工務店さん側の問題じゃなくて私たち建てる側の問題なんだと思うんですよ。

 

―と、言いますと?

 

奥様:イメージが曖昧なままだと後から絶対「ああすれば良かった、こうすれば良かった」ってなると思うんですよね。でもそれって工務店さんのせいじゃなくて。ビジョンがあやふやなまま進めてしまった事が問題であって。やっぱり「ああしたい。こうしたい。」ってちゃんと意思表示をしなきゃわからないですもんね。

 

―なるほどですね。

奥様:だから理想をきちっとイメージできるかどうかで満足度は違うと思いますね。

 

―なるほど~。やっぱりしっかりとビジョンを持つことが大事なんですね。家づくりでなかなか悩むのがこの「ビジョンを明確に持てるか」ってところですけども、参考までにHさんは家づくりの構想期間ってどのくらいだったんですか?

 

旦那様:あっとホームさんに相談にいくまでは全然構想なんて無かったよね?

 

奥様:そうそう。あの時はとにかく「家を建てるぞ!」という意気込みだけでしたから(笑)

 

―え!?じゃあしっかり構想を固めていった期間は建てる前の数ヶ月だったんですね。

 

色は「木と白」に決めていた

 

奥様:そういうことになりますね(笑)。とりあえず色だけは決めてたんですよ。いろんな雑誌見て。漠然と家の内装は「木の色と白」って決めていましたね。

 

旦那様:そしてトイレとか狭い空間の壁紙は色を遊ぼうとか。寝室はちょっと落ち着いた色でいこうとか。

―なるほど。色からイメージを固めて行ったんですね。

 

旦那様:そうですね。あとはやっぱり照明は大事ですね。基本的に埋め込み式でスッキリしたかったんですよ。

 

奥様:オシャレな感じにね(笑)。

 

旦那様:そして先ほども言いましたけどこの梁の照明ですね。この梁と吹き抜けも本当に天井が高く感じて気に入ってます。

 

―たしかに開放感が違いますよね。

旦那様:最初は吹き抜けなしで天井がここまで来る予定でしたけど、思い切って吹き抜けにして良かったなと思いますね。

 

奥様:上の小窓も社長のアイデアで。開放感が気に入ってます。

旦那様:あと、本当にこのロフトスペースっていうのは助かってますね~。おかげで1階と2階がスッキリして広々と感じますね。

 

 

 

 

 

 

―確かにスッキリしてておしゃれに感じます。

 

 

 

 

旦那様:まあ結構捨てましたけどね。漫画本は泣く泣く厳選しました(笑)

また同じプランで建てたい

―もし仮にですけども、「次に家を建てるならこうしたい」っていうのはありますか?

 

奥様:そうですね・・・上を見たらキリがないですけどね(笑)

もし仮に、例えば火事か何かで今の家がなくなったとしても、私はまたプランで同じ家を建てたいですね!そのぐらい気に入っています。

 

―そう言っていただけると本当に嬉しいですね!ありがとうございます。

それでは最後にこれから建てる方へアドバイスをお願いします。

 

旦那様:そうですね~。やっぱり「何でも遠慮せず言う」のが大事じゃないかと思いますね。

あっとホームさんが大変かもしれませんけど(笑)

 

奥様:そうですね。まずは住宅雑誌をいろいろ見たりしてイメージを固めて、予算を固める。

そしたらあっとホームさんにお願いするって事ですね(笑)

 

―貴重なご意見ありがとうございます!今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめ記事ツアー
5分でわかる家づくりの命基本構造のひみつ廊下のない家あっとホームってどんな会社?家づくり無料相談

スタッフの個人ブログ

イーハトーブの夢見る乙女
シクラメンの花お届けします(2018/12/05)
にっこにこ奮闘日記
無垢材を裸足で歩きたいわたしです。  ( 2018/06/01)
あっとホーム

メニュー

無料メルマガ
あったか家づくり通信

ご登録はこちらのフォームで!

お名前
[姓]
[名]

メールアドレス

お住まいの市町村