注文住宅ひとすじ。自然素材の木の家は盛岡市のあっとホームにお任せください。

上手な計画換気の選び方

こんにちは昌博です。

盛南地区は今日は曇り。何かまた肌寒い天気が続きますね~。

上の写真は24時間換気の調節ダイヤルでして。

 

これがけっこう便利なんですよね~。

排気の量を調節できるので、暖房時はダイヤルを絞ったり

焼肉をやった時は風量を上げたり。

 

新築時にはこのタイプをオススメしているのですが、

これは第3種換気システムというタイプになります。

 

排気だけを機械で行うタイプの換気システムですね~。

メンテナンスも楽なので使い勝手が非常に良いです。

 

巷では「第3種換気は温めた空気を捨ててしまうから寒い」とか、

「無駄に光熱費がかかる」など、いろいろなウワサが出ていますが。

 

実際はどうか?といいますと、

「全然問題ない」かと。

 

ただし、「高い気密性能」が大前提となります。なぜか?

 

それは家を「ぬぐだめる」必要があるから。(笑)

 

「(ぬぐだめる)って久々に聞いた~!」

なんてこの前のお客様は言ってましたが(笑)

 

すいません。話が脱線しましたが、

「ぬぐだめる」とは「暖かさをこもらせる」という意味です。

 

すきま風がこない空間で暖かさを籠らせるとどうなるか?といいますと…

 

・壁、床、天井自体が暖かい

・家具類にも熱がこもる

・どこも同じ温度になりヒヤッとした風を感じない・・・etc

 

とまあ、こんな状態になるんです。

これだけ家のなかに熱を籠らせた状態で温めた空気を捨てたとしても

「あたたかさには大して支障がない」んですよね。

 

ただ、せっかくの暖房空気をガンガン捨てるのは勿体無いので。

ダイヤルでうま~く調節して節約するのが賢い使い方だと思うんですよね。

 

そう考えると、わざわざ費用がかかる第1種換気を使わなくてもいいのでは?

と思うわけでして。

 

第1種換気は「熱交換換気」で暖かさを逃がさないというメリットはありますが、

メンテナンスと初期費用が高いのです。

 

まあ、どちらを選ぶかはお客様次第ではありますが・・・

おすすめ記事ツアー
5分でわかる家づくりの命基本構造のひみつ廊下のない家あっとホームってどんな会社?家づくり無料相談

スタッフの個人ブログ

イーハトーブの夢見る乙女
シクラメンの花お届けします(2018/12/05)
にっこにこ奮闘日記
無垢材を裸足で歩きたいわたしです。  ( 2018/06/01)
あっとホーム

メニュー

無料メルマガ
あったか家づくり通信

ご登録はこちらのフォームで!

お名前
[姓]
[名]

メールアドレス

お住まいの市町村